全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座千葉 夢みる英語教室 スクールブログ 完璧主義を捨て...

完璧主義を捨てろ!

こんにちは!
TOEIC対策コーチの谷口です。

ボクが最も英語学習の妨げになると思っているもの、それが「完璧主義」です。

もちろん完璧主義になることは決して悪いことではありません。
しかしカンペキを求めてしまうと英語はなかなか上達しません…、というより上達した気がしません。
だから英語の勉強が続かなかったり、自信を持てなかったりする人も多いのではないでしょうか。

「英語を話して文法が間違ってたら恥ずかしい…」
「自分の発音が通じなかったらどうしよう…」
20代までのボクはそんなことを思っていました。
カンペキを求めていつまでもできないことに意識が向いていました。

そんなとき、海外ドラマを見ていて、ふとあることに気づきました。
それは、ネイティブスピーカーも文法は間違えるし、発音がきれいではない人だっている、ということです。
海外ドラマや洋画を見ていても、ネイティブの文法間違いは結構あります。
しゃべり方にも特徴があり、みんながみんなきれいな発音ではありません。

ボクだって日本語のネイティブスピーカーですが、「すごい楽しい」とか「全然食べれる」とか間違った文法で話したりします。
発音だってアナウンサーのようにきれいなわけではありません。

「母国語ですらカンペキじゃないのに、外国語がカンペキじゃなくてもいいんだ」

そう思えたとき、英語学習に対する姿勢が大きく変わりました。

今日はこんな表現を覚えた!
今日は不定詞を理解できた!
今日は知ってる単語が増えた!

そういう進歩を感じられることが大切なんだと思います。
「まだできないこと」より「今日できるようになったこと」を意識できるようになれば、自分の成長を実感できます。
成長が実感できるから続けられます。
続くからこそどんどんできるようになっていきます。

英語を学ぶときは、完璧主義なんか捨ててしまいましょう!

 

(2015年2月12日(木) 19:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

わかる→楽しい→続くのサイクルでレッスン!責任を持って最後までサポート

ブログ記事 ページ先頭へ