全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座兵庫 あきよの英語試験対策教室 スクールブログ 簡単そうで難し...

簡単そうで難しいイメージング

Hello, everybody!
みなさん、こんにちは!

TOEIC試験、特にPart3,4,7ではまとまった文章を聴いたり読んだりして設問に答えなければならないので、英語を理解するだけでなく、情報を記憶に留めておかねばなりません。これが結構大変。日本語でもある程度の情報量になると難しいのですから、外国語となればなおさらですよね。

しかもリスニングでは1度しか聴くチャンスはないし、リーディングも何度も読み直す時間はありません。何とか一度で情報を記憶に留めたいところです。

そこでレッスンでおすすめしているのは「当事者意識」と「イメージング」。情報を提供されている本人になったつもりで聞き、読み、内容を映像的または感情的にイメージするというものです。それも、一文とか長い区切りではなく、意味のブロック毎になるべく細かく行う方が有効です。例えば “Good morning” と言われたら、起床している自分を思い浮かべたり、寝起きでまだ眠いなあ、などと感じてみたり。“Thank you for calling” と言われたら、自分が電話をしている映像を思い浮かべます。

これを次々と行っていくわけですが、言う程簡単ではありません。一瞬にしてイメージしなけばならないのですから、日本語を介する時間はなく、「英語を英語のまま理解する」という力が必要になります。生徒さんたちに言っている私自身、実際のニュースなどで努力はしていても、イメージングは難しいと感じます。

とはいえ、練習しなくては始まりません。最初は見失いながらでも、できる部分が必ずあるはずです。途切れ途切れでも繰り返していけば、徐々にできる部分が多くなっていくと信じています。そうすると理解度のスピードと情報記憶保持が確実にアップするはずです。

私もニュースなどはなるべく聞き流さず、集中してイメージングのトレーニングを続けたいと思います。ご一緒に頑張りましょう!

読んで下さってありがとうございました。またいらして下さいね!See you soon!

 

(2014年12月23日(火) 11:06)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

翻訳家として活躍中。スコアアップのカギを握る”総合的な英語力”とは

あきよの英語試験対策教室
水間あきよ (TOEIC(R)テスト対策)

梅田/大阪・摂津本山・住吉・三ノ宮・元町・十三・武庫之荘・西宮北口・夙川・芦屋川・岡...

ブログ記事 ページ先頭へ