全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座兵庫 あきよの英語試験対策教室 スクールブログ 覚えられない!...

覚えられない!をどうするか

Hello, everybody!
みなさん、こんにちは!

語学レッスンをしていて、「知らない単語や表現が出て来たら意味を確認し、覚えましょう」とアドバイスをさせていただくのですが、そこで深刻な悩みが投げかけられます・・・
「覚えられないんです!」

ううむ。その通り。
語学学習の最大の悩みの一つ、それは「覚えたくても覚えられない」というものです。これは年齢とともに深刻になっていきますので、私にもよくわかります・・・。ああ、中学生の頃は英単語もスイスイ頭に入ってきたのに(泣)。あの頃にもっと沢山詰め込んでおけば良かったと、本当に悔やまれます。

しかし、嘆いてばかりもいられません。語学は覚えなければ始まりません。そこで、どうすれば覚えられるか?語源を調べたり、イメージングしたり、いろいろと方法は紹介されていますよね。
でも、一番大切で単純なことは、「繰り返すこと」だと私は考えています。とにかくひたすら繰り返す。覚えられないのはこの「繰り返し」の回数が単に不足しているのです。
個人差はありますが、一つの文章を覚えるのに、平均で50〜70回(!)は読む必要があると言われるようです。(もちろん、単語を一回見ただけで覚えてしまう、という超人は存在しますが、我々凡人はそんな天才は無視しましょう。)

私は日常の練習で、まとまったテキストの「100回音読」を続けています。(もちろん、1日で100回読むわけではありません。1日30分やっても数日かかります。)本当に100回やる必要があるのかどうかはわかりませんが、「読書百遍義自ずから見る」。この諺から、私は100回にこだわっています。とにかくひたすら繰り返す。私のような凡人には、覚えるにはこれしかありません。

こう考えると、語学学習はスポーツや楽器に似ていますね。理論に基づいた(=文法や語彙を理解した)上で、繰り返し練習する。覚えられないのはあなただけではありません。諦めずに、一緒に頑張りましょう。

読んで下さってありがとうございました。またいらして下さいね!

 

(2014年10月13日(月) 8:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

翻訳家として活躍中。スコアアップのカギを握る”総合的な英語力”とは

あきよの英語試験対策教室
水間あきよ (TOEIC(R)テスト対策)

梅田/大阪・摂津本山・住吉・三ノ宮・元町・十三・武庫之荘・西宮北口・夙川・芦屋川・岡...

ブログ記事 ページ先頭へ