全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座広島 マツイ外語 スクールブログ 銃社会、アメリ...

銃社会、アメリカの英語

 西部開拓時代という歴史的背景があるため、アメリカの
英語には、銃に関する表現がたくさんあります。
 辞書でshot(発砲)という単語を使った熟語を見ると

call the shots(命令する)[センター試験に出ました。]
shot in the arm(刺激となるもの)
have a shot at...(~をやってみる)
smoking gun(証拠)[うまい表現ですよね。]
また
shotgun marriage(できちゃった結婚)
というのもあります。

 一方、武士道の伝統がある日本にはどんな表現が
あるでしょうか。

「真剣に~する」、「二刀流」、「両刀使い」、「小手先」

「自腹を切る」、「腹を割って話す」、「~と言って切り返す」、

「太刀打ち(たちうち)できない」、「つばぜり合いをする」・・・。

 よく考えると物騒な表現ですが、会話の中では、

自然に使われていますよね。

 言葉はその国の文化や歴史を反映している

ことがよくわかりますね。

 

(2014年8月12日(火) 13:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

米国5大学に留学!TOEICに34回受験した達人が、じっくりレッスン

マツイ外語
松井宏之 (TOEIC(R)テスト対策)

広島・八丁堀・紙屋町東・土橋

ブログ記事 ページ先頭へ