全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座広島 マツイ外語 スクールブログ 初めて英語でク...

初めて英語でクラスを笑わせた思い出

 私は二浪の末、20歳で上智大学国際部に入学しました。
 授業は英語で行われていたので、日本の高校から入った私には、
正直言って、ちんぷんかんぷんでした。
 それでも、思い切ってPolitical Science(政治学)の入門講座を
取りました。先生は若い日本人でした。私も苦労しましたが、その
先生も英語で教えるのに苦労したことでしょう。その講義では、
最終的にBという成績をもらいましたが、あの時の英語力を考える
と、感謝すべき点だったと思います。
 そのクラスで、ある時、「国家として成り立つ要素は何か」という
発問がありました。
「土地」、「国民」、「貨幣」、「宗教」、「文化」・・・・・。
いろいろな発言がありました。
 私は"Language."と大きな声で言いました。
すると、「languageは国として成り立つ要素ではない。スイスなんか3つの言葉
が話されているじゃあないか。」という反論の声がありました。

私は、すかさず、"At leat One language is necessary."
と、終りをゆっくり、上げ調子で言いました。

すると一瞬、教室は静まりかえりました。
それからアメリカ人の男性が「オッオッオッ。」と一気に笑えない苦しさ
の混じった声を出しました。その後は教室中、爆笑の渦でした。

みんなは何も文字が書かれていない看板、人々が目を丸くして、
お互いに顔を見合わせている風景を頭の中に浮かべたのでしょう。

 

(2014年7月20日(日) 9:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

米国5大学に留学!TOEICに34回受験した達人が、じっくりレッスン

マツイ外語
松井宏之 (TOEIC(R)テスト対策)

広島・八丁堀・紙屋町東・土橋

ブログ記事 ページ先頭へ