全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座東京 AY英語試験対策講座 スクールブログ どの順番で勉強...

どの順番で勉強しますか?

こんにちは。5月も終わろうとしている今日この頃です。
今日はテストのおすすめ学習順についてです。
学習順?テスト問題を頭からやったほうがいいのでは?と思うかもしれませんが、TOEICは学校のテストと違って第一問目が一番簡単、という構成にはなっていないのです。
私のおすすめする順番は【Part2→5→1→6→3→4→7】です。しかし、人によって【Part5→2→6→1→7→3→4】の方がスコアアップしやすいかもしれません。
リスニングセクションが好き、得意という方は前者、リーディングの方が得意な方は後者をオススメしています。私はリスニングが圧倒的に得意なので、前者でやっております。
得意分野から勉強して、まずは自信をつける、というのが狙いでもあります。TOEICは全部で200問、2時間にも及ぶ試験ですから、まずはその試験を最初から最後まで解くという精神力が必要になってきます。
しかし、これがキツイ!!みっちり集中してリスニング問題を45分間聞いた後に、75分間のリーディング…拷問か!と受験当初は思ったものです。
ですからせめて、得意なところだけでも集中して、全問正解してやる!という意気込みで解いていく方が効率的だったりします。
実践問題①②でも言いましたが、Part2とPart5、この2パートが初心者にも解きやすく、パターン化されていますので、まずはここをおさえましょう。
その次がPart1または6、得意な方から攻めましょう。これが解けなければ、この後のPart3、4、7には歯がたちません。
リスニング、リーディング各セクションの冒頭の方ですから、ここが安定して解けると、精神的にも非常に落ち着いてその先の問題に進めます。

 

(2014年5月26日(月) 13:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

リスニング満点!3年間で300点以上スコアアップした秘訣を、明るく指導

ブログ記事 ページ先頭へ