全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座広島 マツイ外語 スクールブログ be動詞と一般...

be動詞と一般動詞の違いは?

 be動詞を辞書で調べると「~は・・・です」という訳が出ています。しかし実際には{~は」で覚えていたほうが楽です。数学でいうと=のようなものです。be動詞の意味に「~にいる」と訳すことがあります。つまりbe動詞は動かないことを表すのに使います。I am an English teacher. では 私=英語の教師で、状態を表し、動いていませんね。
 一方、一般動詞は動いていることを表すのに使います。run,walk, speak...全部動いていますね。like, love, knowはどうでしょうか。これも心の中が動いていると言えます。一般動詞は全部、「する」=doという単語で簡単に言えます。だから一般動詞を使った疑問文はDo~で始まるのです。

 

(2014年5月4日(日) 1:10)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

米国5大学に留学!TOEICに34回受験した達人が、じっくりレッスン

マツイ外語
松井宏之 (TOEIC(R)テスト対策)

広島・八丁堀・紙屋町東・土橋

ブログ記事 ページ先頭へ