全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座東京 一緒に目指そう高得点 スクールブログ 単語を分解して...

単語を分解して覚えるテクニック

火曜日は体験レッスンを受けて頂きました。

英語は全然、とおっしゃる生徒さんでしたが、実際にレッスンを始めてみると、
学校で習った単語などはかなり正確に覚えていらっしゃるようでした。

一度忘れてしまったものが記憶の中に点のように散らばっている状態だと思います。
また、言葉の中に隠れている語幹(その言葉の本質を表す部分)を
見つけるセンスもあるように思いました。

うまく線でつないでいけば、あっという間に語彙が増えて行くタイプの方です。
また、ボキャブラリーの不足が英語に対する不安を高めているようでしたので、
次回以降のレッスンでは、語彙を増やすために接頭語、接尾語を勉強しようと思います。

●単語の分解

ちょうど日本語の熟語と同じように、その言葉を知らなくても
構成している部分ごとに意味を考えれば意味を類推できる英単語は数多くあります。

たとえば~logy という接尾語。
これは元々ギリシャ語の「ロゴス(言葉)」を語源としています。
日本語でよく聞く企業などの「ロゴ」も英単語のlogoもここから来ています。
(つまり、厳密な意味では文字を含まないマークをロゴと呼ぶのは間違いです!)
また、logic (ロジック・論理(学))も同じ語源です。

◆言葉の中から特に体系立った側面を意味する言葉として抜き出した接尾語がlogy です。
・biology なら bio (バイオ・生物)+logy (学問)=生物学
・sociology なら socio (ソーシャル・社会)+logy (学問)=社会学
・psychology なら psycho (サイコ・心理)+logy (学問)=心理学

◆形容詞になる場合はyがical に変わります。
・geological なら geo (ジオ・地球/地面)+logy (学問)+ical (的)=地質学的
・physiologicalなら physio (フィジオ・自然/物理/肉体)+logy (学問)+ical (的)=生理学的

◆では、きっとあまり聞いたことのない次の単語の意味はわかりますか?

・musicology
・Japanology
・ufology

順番に音楽学、日本学、UFO学(!)です。
ね。簡単でしょう?!

 

(2014年2月20日(木) 15:52)

前の記事

この記事を書いたコーチ

TOEIC満点!アニメ・漫画の翻訳も。楽しく得点アップを目指すお手伝い

一緒に目指そう高得点
中林もも (TOEIC(R)テスト対策)

渋谷・新宿・池袋・秋葉原・北千住・綾瀬・亀有

ブログ記事 ページ先頭へ