全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座東京 やさしい英文法 スクールブログ 文法でスコアを...

文法でスコアをかせぐ!

TOEICでスコアを上げる方法は大きく分けて2つありますよね。ひとつはリスニング・セクションのスコアアップで、もうひとつはリーディング・セクションなります。ここで注目していただきたいポイントは、リーディングの向上はリスニングに比べて、比較的“短期”で実現が可能になるということ。これは「慣れ」対「理解」の関係に理由があります。

そもそも、リスニングの向上とは「英語の音に耳が慣れる」ということでもあります。「慣れる」という言葉は時に曖昧で、学習の成果を測りづらいことがあります。例えば、リスニングの目標達成までに大きく時間がかかる可能性。いつ英語の音に慣れるのか、推測しづらいですよね。個人差やトレーニング方法によって違いも出てくるでしょう。リスニングは学習の対象としては、個人が努力や集中で結果をコントロールできる“のりしろ”が限られているとも言えます。それに対しリーディング・セクションは、「慣れ」ではなく「理解」を必要とします。「理解」も簡単に達成できるものではないですが、少なくとも個人の努力と学習時間がスコアアップに確実に反映されるものだと思います。TOEICスコア向上を目指す方は、まずはリーディングで確実にスコアアップを目指してはいかがですか。

ただし、ひとつ問題が・・・。リーディングで要求される“個人の努力と学習時間”の行き先は、残念ながら、私たちが好まない言葉「ぶ・ん・ぽ・う」と呼ばれる世界の追求ということになります。「リーディング・セクションのスコアアップ = 文法の攻略」という図式です。

TOEICの短期的なスコアアップという側面から判断すると、文法の学習は避けられない道ではないでしょうか。特に、リスニングは個人がコミットした労力と時間が必ずしもすぐに結果に反映されるものではないので、確実なスコアアップが期待できる文法はとても重要な得点源だと思います。

英語(リスニング&リーディング)を理解する為の最短・最善の方法は、「英語の仕組み」を理解することだと私は信じています。ここでの“英語の仕組み”とは、もちろん「文法」のことです。

いっしょに、がんばりましょう!

 

(2013年2月28日(木) 14:49)
この記事を書いたコーチ

TOEIC935点取得、翻訳の担当も。中・高校の文法から丁寧に解説

やさしい英文法
谷本昇太 (TOEIC(R)テスト対策)

渋谷・溝の口・池尻大橋・三軒茶屋・駒沢大学・用賀・二子玉川・高津・梶が谷・鷺沼

ブログ記事 ページ先頭へ