全国5万人が受講している「サイタ」

TOEIC(R)テスト対策講座

TOEIC(R)テスト対策講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

英会話教室TOEIC(R)テスト対策講座東京 ヘルプ・フォー・TOEICスクール スクールブログ 面白い本

面白い本

最近、「笑える、使える英語イディオム」っと言う本を読んでいますがとても面白いです。

「イディオム」とは単語における一定の配列での連結の総称である。
例えば、日本語では「目がない」ってことです。

英語でも、多々ありまして、この本はいくつかを紹介します。

私もこの場を借りて一つ紹介したいと思います。

Slip of the Tounge
直訳:舌が滑った
意味:言い間違い

Eg. I never thought of such a thing, it was just a slip of the tongue!
例:そんなこと考えてなかったよ、ただの言い間違い!

前も言ったが日本語で、「滑る」って言ったら笑いを取れないって意味ですよね!


ちょっと似てると思いません?


この進化したイディオムは「フロイディアン・スリップ」と言いまして、家族や隠してた性のことを言い間違いを示します。

これは精神分析学者の父、ジークムント・フロイト(マザコンを発表した方)から来てます。

例えば、先生のことをママって間違えて言うのを"the fruedian slip"と言います。

 

(2010年9月2日(木) 10:54)

前の記事

この記事を書いたコーチ

TOEIC満点!オーストラリアで生まれ育ったネイティブ英語でサポート

ブログ記事 ページ先頭へ