資格取得講座宅建講座東京 宅地建物取引主任者 モーリスコーチへインタビュー

モーリスコーチへインタビュー

Q1スクールで大切にしていること、教えてください!

宅地建物取引主任者

資格試験に合格するポイントは3つあります。
1.「解決しなければいけない疑問と持ってはいけない疑問」がある。
2・「応用知識よりも基本知識」
3・「インプットとアウトプットをバランスよく」
のコツをしっかり押さえて勉強すれば、必ず合格できます。

1.は相反する内容ではありますがどちらも必要なことです。
統計的に見て関係法律の全てが試験で問われるわけではありません。たとえば民法は1044ヶ条ある法律ですが実際試験で問われている条文は宅建では300ケ条程度です。つまりこの300ヶ条は疑問を残さないようにしなければいけませんが、それ以外の条文は知らなくてもいいのです。
無駄な時間を使わない効率のよい試験勉強には必要な勇気です。そしてそのすみわけ、どこまでが必要でどこからが必要ないかをご指導いたします。

2.は「経験者の方へ」をご覧ください。
3.は「レッスン内容イメージ」をご覧ください。

Q2初めて宅建を受験する方へメッセージをお願いします!

宅地建物取引主任者

 資格を目指す方はそれぞれ動機と環境が違います。「会社で受けろと言われたから」や「就職に必要だから」とか。。。当然勉強する時間も「会社が終わってからと土日だけ」や「うちは子供が居るから日曜日だけしかできない」と言う方もおられるでしょう。

 無駄な時間は使えません。
 私は大手資格の予備校での講師経験を踏まえ「試験に出る部分を効率よく」をテーマにし、初心者には特に「解りやすい説明」を心がけています。
 私の指導経験から、新しいことを始める場合、たった一つの単語が分からないだけで挫折する方がおられることを知っています。どんなにいい教科書を使っても質問ができません。理解できない場合はその先に進むことができないのです。
 教室で行う講座は周りの方のレベルについていけなければやはり挫折してしまいがちですが、マンツーマンの講座は自分のレベルに合わせて進めますから疑問を解消しながら着実に前に進め、モチベーションも保つことができます。

 レッスンで注意していることは「疑問は残させない」ことと「深入りしない、させない」ことです。

また、受験勉強には「残してはいけない疑問」と「もってはいけない疑問」があります。
このメリハリをつけることが合格への近道です。

Q3独学で宅建取得を目指している方へメッセージをお願いします!

宅地建物取引主任者

 実力が付いてくると細かいことが気になりだします。
 しかし資格試験は基本のマスターが重要です。

 実力があるのに点数が伸びないのは基本をアウトプットする方法を練習していないことが原因です。
 一度トライをして残念ながら結果を出せなかった人の大部分はほんの数点足りなかった方々だと思います。
 知識では合格者と同じぐらいあるのに本番で点数に結びつけることができない。こんな方が以外に多いのです。
 原因は「アウトプット」にあります。知識を溜め込む「インプット」を重要視し、知識を引き出し得点する「アウトプット」を軽視したために起こるひずみです。
私の受験経験と指導経験からこのひずみを解消する方法とヒントを提供します。

 資格試験の勉強はインプットだけではありません。
正確なアウトプットの練習にも力を入れましょう。

宅建講座 無料体験レッスン

初めて宅建を受験する方も安心!

ご要望やレベルにあわせたレッスンを進めながら、講師が丁寧にアドバイス

無料体験レッスンとは

まずはお試しから!無料体験レッスン
モーリス 先生
担当:モーリス 先生

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる