資格取得講座宅建講座広島 宅建ヒロモトスクール レッスンノート

宅建ヒロモトスクールレッスンノート(2ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

都市計画法「補助的地域地区」「地区計画」「開発行為の規制」
・「補助的地域地区」は、⑴用途地域内にのみ(重ねて)⑵用途地域外でも(どこでも)⑶用途地域外にのみ、どこに定められるのかに分けて名称を覚える。 ・「地区計画」都市計画区域内であれば、用途地域の...
短時間復習のための知識の集約
「住宅瑕疵担保履行法」①適用:宅建業者が自ら売主として宅建業者でない者に新築住宅を販売する場合に適用。→宅建業者間取引では、資力確保の措置不要。②方法:保証金の供託又は保険への加入③情報提供:売...
続自ら売主制限の視点・報酬額限度速習
自ら売主制限:自己所有でない物件の契約制限(他人物売買)の解きかた。現在の所有者と売主業者の間がつながっているかどうかをチェックする。そこが契約・予約締結とあれば、自ら売主となる売買契約を締結で...
宅建業法:自ら売主制限の記憶と理解
記憶:適用場面     自ら売主制限は、売主が業者であり、買主が業   者でない場合のみ適用される。宅建業者間の取   引では、適用されない。一般人どおしであれば   民法の適用になる。 理...
本試験では、手の内を見せている宅建...
本試験では、手の内を見せている宅建業法でしっかり得点することです。レッスンでの重要ポイントと補足説明です。 まず、罰則があるのは、誇大広告等禁止違反です。建築確認・開発許可等申請中、申請済の段...
弁済業務保証金制度では、保証協会を...
弁済業務保証金制度では、保証協会を飛び越えて直接手続が行われることはありません。保証協会がやることは、①供託(した旨の届出)②認証③取戻し④公告です。新たに事務所を設置した場合のポイントは、先後...
最初に、平成27年度宅建士試験の分...
最初に、平成27年度宅建士試験の分析資料を配布し、傾向と対策をコメントしました「宅建業法」と「法令上の制限・税・その他」で、得点を積み上げることが、合格最低点に到達する近道です。インプットでは、...
「登録の基準」・免許を受けることが...
「登録の基準」・免許を受けることができない者は、登録を受けることもできない。・行為能力を有しない未成年者は、一切登録を受けることができない(重説をする能力がないから)。「変更の登録」・勤務先業者...
平成27年度試験では、宅建業法にお...
平成27年度試験では、宅建業法において個数問題が昨年度より増加し、8問出題されました。よって、宅建業法の学習は、全ての選択肢の正答判断ができるレベルまで完成させる必要があります。 過去問知識が...
冒頭で、平成27年度宅地建物取引士...
冒頭で、平成27年度宅地建物取引士資格試験の講評をしました。難化しても、合格最低点に積算される「法令上の制限・税・価格・その他」「宅建業法」の過去問知識レベルの問題を確実に正答することです。 ...

宅建ヒロモトスクールのレッスンノート ・・・計27件

宅建ヒロモトスクール ページ先頭へ