資格取得講座宅建講座広島 宅建ヒロモトスクール レッスンノート

宅建ヒロモトスクールレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

不安を捨てる(4肢択一だから完全に準備できていなくても解ける場合がある)
レッスンで言及していない項目で、「法令上の制限」の直前過去問チェックは、都市計画法⇒区域区分・地域地区・地区計画・(開発許可の要否はレッスン済)・都市計画事業制限です。土地区画整理法⇒仮換地の効...
宅建業法最終チェック
宅建業法は、全問個数問題のつもりで4肢すべて判断したうえで、解答を万全にすべきです。ただし、個数問題・組合せ問題の数問の失点は、やむを得ません。 レッスン実施項目は、〇×演習で知識確認済ですか...
民法賃貸借・借地借家法のポイント理解
【賃貸借】売買のように1回だけで終わりではなくて、関係が継続するので、信頼関係が重要。無断転貸・譲渡の効果:信頼関係破壊の理論。特段の事情がある①信頼関係を破壊したと認められない⇒解除できない。...
「相続」「物権変動」基本知識理解
「相続」相続人⇒配偶者がいれば、常に相続人となり(順位はない)、配偶者と誰々という組合せになる。子は、第一順位。子がいなければ、第二順位の直系尊属。子も直系尊属もいなければ、第三順位の兄弟姉妹。...
続民法のポイント理解
「債務不履行解除」契約成立後は、当事者は契約を一方的に破棄して、契約上の債務を免れることはできないのが原則だが、債務者の債務不履行を理由として契約を解除できる。 解除して、自分も債務から解放さ...
民法ポイント整理
制限行為能力者「未成年者」原則、取り消すことができる。例外として取り消すことができないのは、①保護者の同意がある場合②保護者が未成年の子に営業を許可した場合③単に権利を得または義務を免れる行為④...
地方税・価格の評定のポイント
「地方税においての特例措置の視点」①何税か(固定資産税・不動産取得税)②住宅なのか宅地なのか③課税標準・税率・税額のどの話か④特例の数字でひっかけていないか。 「床面積㎡のまとめ」 ①固定資...
「農地法」「土地区画整理法」の復習ポイント
「農地法」①権利移動(3条規制)※抵当権設定の設定は許可不要だが、競売(抵当権の実行)は許可必要。②一時的でも、あと農地に戻しても許可必要。③市街化区域内の特則は、4条・5条の場合だけ→農業委員...
続 建築基準法の知識集約
「斜線制限」①道路斜線制限:道路がある限り、すべての地域に適用あり。②隣地斜線制限:適用がない地域を覚える。第一種・第二種低層住居専用地域は、絶対的高さ制限で高い建物は建てられないから、適用なし...
開発許可の手続き等の整理の視点
【開発許可の手続き】事前手続き(根回し) ①関係がある公共施設(例:現在ある道路)の管理者と協議および同意 ②設置されることとなる公共施設(例:工事によって新設される道路)を管理することとなる...

宅建ヒロモトスクールのレッスンノート ・・・計27件

宅建ヒロモトスクール ページ先頭へ