全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座愛知 宅建独学支援講座スクールブログ 2ページ目

宅建独学支援講座 スクールブログ(2ページ目)

ポイントと対策 第8弾 本試験に望む意識
・得意科目は1点でも多く得点すること ・各科目ごとに難問があります。難問はほとんど受験生ができないので、あまり気にせずに、正答率の高い問題を得点できるようにする。 得点の目標設...
(3月26日(木) 11:00)
ポイントと対策 第7弾 「宅建業法」は「個数問題」、「組合わせ問題」が数多く出題!
「宅建業法」では、「個数問題」と「組み合わせ問題」が、前年に引き続き多数出題が予想されます。「重要事項の説明」、「37条書面」からの出題が増加し、実務色の強いものとなるでしょう。この問...
(3月25日(水) 6:34)
ポイントと対策 第6弾 「法改正」等の最新情報も要確認
法改正の動向、最新判例、実務や国土交通省の動きなど視野にいれて、最新情報を確認する必要があると思います。
(3月24日(火) 8:10)
ポイントと対策 第5弾 「宅建業法」、「法令上制限」は出題傾向を分析
「宅建業法」、「法令上制限」は出題傾向を分析し、過去問のみならず過去出題項目の「周辺知識」や「実務の動向」も含め、効率よく知識を深めることが必要不可欠です
(3月20日(金) 7:48)
ポイントと対策 第3弾 権利関係は「最新判例」、「民法改正案」がポイント
権利関係は、単なる条文の知識を問う問題が減少傾向にあり、判例や民法改正案に関する問題の割合を占めています。
(3月19日(木) 15:58)
ポイントと対策 第2弾 本年度宅建試験の合否を左右する重要科目は『民法ではない』
宅地建物取引士への士業化に伴う法改正の目的を考察すれば、本年度より証の更新による法定講習の内容に「宅地建物取引士の使命と役割に関する事項」を新たな講習科目として追加設定されることから、...
(3月18日(水) 17:41)
ポイントと対策 第一弾 合格への最短コース
軟化傾向にある宅建試験が今年から宅地建物取引士試験となります。 さらに軟化が予想される、この試験を攻略するためには、膨大な量の判例や、過去問題の周辺関連項目の中から、出題が予想される...
(3月14日(土) 14:43)
今年4月より宅地建物取引業法一部改正施行 「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士」 士業化へ
宅地建物取引業法の一部改正法、資格名称が格上げ改称され、「宅地建物取引主任者」から「宅地建物取引士(宅建士)」に変更されています。宅建取引主任者が弁護士、司法書士、行政書士などと同じよ...
(2月27日(金) 10:18)

宅建独学支援講座のブログ ・・・計18件

このブログを書いたコーチ

取得資格多数!元防衛庁事務官の異色経歴コーチがあなたを合格まで導きます

宅建(宅地建物取引士) ページ先頭へ