サイタ資格取得講座宅建講座愛知 宅建独学支援講座 スクールブログ 本試験直前対策

本試験直前対策

本年度の宅建士試験について、昨年度より問題の難易度が上昇し個数問題と組合せ問題も増加するとおもわれる。実質受験者数 約220、000人前後予想、合格点35点以上予想、合格率15%以下予想
その根拠、実質受験者数が昨年度より1万人以上増加し、受験再挑戦者、大学生、士業資格者の受験申込者が増加しているなどが考えられ受験者知識習得レベルが上昇している。
 本試験日まで1か月程になりました。合格を引き寄せるために、民法の権利関係と特別法及び宅建業法を重点に直前対策。民法の権利関係については、法改正成立し2020年4月1日施行される現行法及び関連法は出題を控えると予想される。よって、法改正に影響ない現行法を重点確認を推奨する。宅建業法は、個数問題と組合せ問題がよく出題されるので、正確な知識を習得確認を一問一答で行うことを推奨する

 

(2018年9月17日(月) 11:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

取得資格多数!元防衛庁事務官の異色経歴コーチがあなたを合格まで導きます

新着記事

H19年から10年間で100%出題されている26項目(権利関係5項目 宅建業法11項目 法令上の制限5項目 税・その他5項目)箇所をおさえるだけで、25点は取得できる。残りの期間が少ないため徹底した集中力で問題を解きながら知識習得確認すれば合格を獲りに行くことができます    以上

本試験で解答に困ったとき、消去法で正解を導く。 尚、「~に限り」 「常に~である」 「~しなくてもよい」 「~ことはない」 「必ず~しなければ」 「すべて~」 「有無にかかわらず」 「直ちに」 という文言が含まれる選択肢は、誤りの可能性が高い。 法律が「原則と例外」からできていることから、...

能力を最大限発揮して合格するための方法 1.問題は問1から解かない。暗記中心の宅建業法を最初に解く。次に法令上の制限・税、その他(5問免除問題)、最後に権利関係。 2.わからない問題、時間がかかりそうな問題は後回しにして、できる問題から解く。 3.一度出した解答を直さない。直...

本年度の宅建士試験について、昨年度より問題の難易度が上昇すると予想される。実質受験者数約220、000人予想で合格点35点以上,合格率15%以下予想する その根拠、実質受験者数が昨年度より1万人以上増加し、再受験者、大学生受験者、他の士業資格者の受験申込者が増加しているなどが考えられ受験者知...

本年度の宅建士試験について、昨年度より問題の難易度が上昇し個数問題と組合せ問題も増加するとおもわれる。実質受験者数 約220、000人前後予想、合格点35点以上予想、合格率15%以下予想 その根拠、実質受験者数が昨年度より1万人以上増加し、受験再挑戦者、大学生、士業資格者の受験申込者が増加し...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、宅建レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ