サイタ資格取得講座宅建講座愛知 宅建独学支援講座 スクールブログ ポイントと対策...

ポイントと対策 第3弾 権利関係は「最新判例」、「民法改正案」がポイント

権利関係は、単なる条文の知識を問う問題が減少傾向にあり、判例や民法改正案に関する問題の割合を占めています。

 

(2015年3月19日(木) 15:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

取得資格多数!元防衛庁事務官の異色経歴コーチがあなたを合格まで導きます

新着記事

本日、日銀金融政策決定会合でマイナス金利政策を導入、不動産市場は、一段の加熱を見せることが予想される。

【平成27年度宅地建物取引士試験の速報】 合格のボーダーラインは31点(以上が合格)です。(登録講習修了者は45問中26問以上) 平成27年度宅建試験申込者数 243,199人 受験者数 194,926人 受験率 80.2% 合格率 15.4%(昨年の合格率は17.5%)。繰り返しですが3...

今年度の試験は、特に「宅建業法」の出題傾向、出題形式の変化と難化傾向が顕著となり、中途半端な知識では高得点が困難な試験となりました。宅建業法以外の科目の難易度については、「税・その他」は昨年度よりも平易、「権利関係」、「法令上の制限」は昨年と同程度、「宅建業法」の難化が今年度本試験全体の難易度...

本年度の本試験10月18日前日まで、通勤・通学途中・昼休み・帰宅途中時に合格モチベーション維持問題を一日1問(四肢択一解答・解説付)5月1日から毎日メッセージ送信いたします。

宅地建物取引士(宅建士)の将来性についてですが、今後、商習慣や取引形態がアメリカ式に代わってきた場合は儲かると思います。 現状は、事務所に宅地建物取引士(宅建士)の人数が5人に1人でないといけませんが今後は必ず1人ずつ宅地建物取引士(宅建士)の資格を取得しなければならないと変更されるかも知れ...

ブログ記事 ページ先頭へ