サイタ資格取得講座宅建講座広島 宅建ヒロモトスクール スクールブログ もう5年ごとの...

もう5年ごとの更新!

前年の10月から12月にかけて実施された国家試験のいくつかの合格発表が本年の1月にありました。以前受験指導したことのある資格試験は、毎年この時期、気になります。自分の受験生時代を思い出すからです。

ところで、有資格者に交付される「〇〇証」は、有効期限のあるものについては、多くの場合更新手続きとなるでしょう。私が所持している「〇〇証」のうち数枚が、2015年の更新で重なっているので、費用や手続のことを考えると「あー、めんどくさいな。」

おまけに運転免許証の更新まで加わって、気持ちが。でもいろいろな顔の身分証明書をみていると、「やや、五つ子ですか。」「いいえ、六つ子です。」

そして、私の「宅地建物取引主任者証」も、平成27年3月で有効期間満了となるのですが、更新手続きを先延ばしにして、4月以降の法定講習を受講し、「宅地建物取引士証」を交付してもらうことにします。

ここで、平成27年度宅建受験について、一言。

まず、「権利関係」は、もはや過去問準備だけでは立ち向かえないような様相を呈していますが、「立ち向かわなくてよいのです。」 確かに、14問全て正解肢は、過去問知識ではありません。

しかし、合格者でも多数が6~9問くらいの正解数の幅に留まっているのは、過去問知識全開で解いているに過ぎないとみます。前に何度も言及していますが、権利関係にのめり込むと、学習が終わりませんよ。

次に、「宅建業法」は、個数問題の増加に伴い、正確な知識が要求されていることは言うまでもありません。この分野に限っては、「度を越した勉強をしてほしいところです。すなわち大量問題演習です。解きませ!解きまくりませ!」

最後に、「法令上の制限・税・その他」は、過去問演習中心でよいと思います。この分野も手抜きなしです。


それにしても、六つ子ねぇ・・・



 

(2015年2月3日(火) 17:20)

前の記事

次の記事

新着記事

2016宅建本試験が終了して4日目の感想では少し遅いかもしれません。ですが、とにかく結果はどうであれ,頑張ってきた自分(受験生の皆さん)に「あっぱれ!」でしょう。 昨年は、予想合格点が当たりましたが、本年度は、34点か35点かで迷っています。解いた直後はさんじゅうよん(突然ひらがな)かな?な...

10月第3日曜日の戦い。敵は50人、騎馬戦。わが軍1人だけ。1列目は権利関係、2列目は法令上の制限・税・価格の評定、3列目は宅建業法。4列目はその他。13:00頃戦闘開始! まず、迂回して、1列をやり過ごし、横から2列、3列に切り込む。4列までやっけて、あと逃げる。1列が追いかけてくるか...

2015年度宅地建物取引士資格試験、終わりましたね。受験生の皆様、大変お疲れ様でした。皆様の努力に敬意を表します。 しっかり休養されてください。旅行、食べ放題、飲み放題、カラオケ、ボーリング、ダンス・・・要するに頑張った自分へのご褒美です! 私も試験会場で問題を解きましたので、独断...

受験生の皆様、本試験まではもう迷わず、やるべきことをやり遂げてください。 模擬試験で正答率70%以上の問題を間違えた場合は、過去問知識が不十分なので、該当項目(科目)の過去問をもう一度解き直すべきです。 合格最低点は毎年変動していますが、過去問知識が万全でないと合格者なら正解する問...

3か月ぶりです。先日、「取引士証」の交付を受けましたので、法定講習会の感想です。費用もアップし、講習時間も若干伸びました。確認テスト実施。 司会者が冒頭の挨拶で「宅地建物主任士」と2回も言いました。私「・・・主任士なの?」というか個人的に大うけ!苦笑。確かに、言いにくいですよね。 ...

ブログ記事 ページ先頭へ