全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座兵庫 竜太の宅建講座 スクールブログ 独断と偏見によ...

独断と偏見による科目ごとの比重

こんばんは!今日は、ドトールでミルクレープを食べながら、作業をしていたのですが、ミルクレープ美味しかったです。2時以降はドリンクとセットで50円引きも嬉しいですね(笑)

今日はザックリではありますが、僕の試験対策の中でも特に意識していた科目ごとの比重というか、考えを書きたいと思います。

これは散々言われてきたことでもあると思いますし、独断と偏見なので、こういう人もいるのかという程度で聞いて下さい(^^;;

まず、宅建業法は難易度が上がってきているといっても、絶対取るべき科目だと思います。ここがとれないと厳しいです!まぁ、当たり前ですよね(笑)16問はほしいです。出来たら18問ですかね!

次に法令上の制限は正直六問とるつもりで、五問とれればいいかと思います。

権利関係については、正直9問以上とれると絶対的な武器になると思います。そして、そうなってほしいです。確かに身につくまでは時間がかかるかもしれませんが、一度身につくと離れづらい気がしますので…!
なので、時間があるうちに一度身につけるべきかと思います。

税法は最低限でいいかと思います。過去問レベルでいいと思います。それで、一問はとれるかと思います。費用対効果が悪過ぎるので、得意な方以外は力を入れ過ぎないようにしていただきたいです。

その他科目は統計は絶対にとって下さい。そして、とれます!
プラス二問という形で合計三問はとってほしいです。

難しい年度を目安として考えましたので、簡単な年の時は、プラスどこかで、二問はとりたいですね…

すいません。ザックリといいながら、だいぶ長くなりました。
最後まで読んでいただきありがとうございますm(_ _)m


 

(2014年11月24日(月) 17:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

独学で心得た戦略を元に、楽しくレッスン。教え方も上手いから初心者も安心

竜太の宅建講座
尾上竜太 (宅建)

伊丹・宝塚・池田・川西能勢口・伊丹

ブログ記事 ページ先頭へ