全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座広島 宅建ヒロモトスクール スクールブログ 本立ちて道生ず...

本立ちて道生ず。

平成26年度宅建本試験受験大変お疲れ様でした。

(小さな声で)ブログ更新放置してゴメンナサイ。本業に傾きすぎていました。

早速、本試験の感想ですが、タイトル(論語)を、無理やり宅建に当てはめまして「基本知識を大事にすることが、合格への方向性が見えてくる。」につきます。強引な解釈かも。

得点可能感触として、「権利関係」が6問、「法令上の制限」が6問、「税」1問、「宅建業法」が16問か17問、「その他」3問、この合計点がボーダーラインになりそうかな、です。あくまで私見です。

基本知識だけでは歯が立たないのは、権利関係ですが、正直言って「難問なんかどうでもよい!」 怒られそうですが・・・

その代わり、第1に「宅建業法」を高得点するための、重層的学習(バームクーヘン的勉強)と「法令上の制限・その他」の徹底過去問知識習得で、合格すべきです。

それと、緊張をほぐすために、学習スタートから本試験前日まで、できるだけコーチに寄り添ってもらうことです。精神面を含めて。

合格発表まで、何かと落ち着かない日々を過ごすことになるかもしれませんが、とりあえず、しっかり休養なさって、合格の喜びをもって楽しいお正月を迎えられますように祈念いたします。








 

(2014年10月25日(土) 10:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講義経験6000時間以上!経験が裏付ける合格メソッド伝授します

宅建ヒロモトスクール
廣本啓一 (宅建)

天神川・広島・横川・西広島・新井口・五日市・新白島・下祇園・本通・八丁堀・立町・袋町...

ブログ記事 ページ先頭へ