全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座京都 なるほど納得の宅建講座 スクールブログ 不動産取引では...

不動産取引では、トラブルリスクが存在しています

不動産の訴訟に見る、宅建主任者の業務ポイント!

幾つかのポイントが存在しますが、独断と偏見で申せば、一つは取引における「本人確認」だと思います。世の中複雑になり、本人になりすまし取引を進めようとする賢い人も存在します。業務上での確認作業は以前よりも重要な業務になっています。

二つ目は、取引が土地なら、立地現状と所有者、近隣所有者の聞取りによる「物件確認」です。特に敷地境界線の確認が重要ですね。

これらの作業は、敷地調査項目の中に含まれていますので、当然行う業務なのですがついつい手を抜いてしまいます。自身の業務の信用性の為に、自身が納得するまで確認の作業は続けましょう。

不動産の訴訟は、発生させないことが重要ですので、「本人確認」「物件確認」は必ずクリアーして進めて下さい。
受験者さんには、先のことですが、起こっては困る「訴訟」への考え方を理解しておいて下さい。

 

(2014年9月23日(火) 13:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

不動産コンサルタントとしての実務経験をベースにした合格ノウハウとは

なるほど納得の宅建講座
後村和治 (宅建)

野洲・守山・山科・京都・大津京・堅田・三条・河原町/四条・烏丸・北大路・烏丸御池

ブログ記事 ページ先頭へ