サイタ資格取得講座宅建講座東京 独学応援V宅建講座 スクールブログ 独学で宅建合格...

独学で宅建合格を目指す方へ 2

 残暑もやわらぎ多少秋の気配も感じられる季節になりました。
試験日までは2ヶ月を切り、皆さまも最後の追い込みに頑張っていることと思います。
今回は本試験の時間配分に関して、私の経験をお話したいと思います。

本試験の時間と問題数は以下の通りです。
①一般受験者:50問 2時間(120分)
②5問免除対象者:45問 1時間50分(110分)
私は一般受験でしたので50問を2時間で解く事を想定して、自分なりにいろいろ考えました。まず2時間を50問で単純に割ると1問あたり2分24秒です。これはかなり短い時間です。特に権利関係は「長い文章」や「難しい内容のカッコ書き」「聞いたことのない法律専門用語」等で受験者を惑わす問題が必ず出題されます。これに真っ向勝負をしたら5分くらいかかる場合もあり、焦りからその後の設問解答に悪影響を与える場合もあります。
難しい問題も1点、簡単な問題も1点です。まず対策として自分が1問あたりどの程度時間をかけて解答するかの目安を決めます。
そしてこの時期は模擬試験形式で勉強している方も多いと思います。このときに出題分野ごとに自分の標準解答時間を決めて行ってみることをおすすめします。これを何回か繰り返すと問題を解くときの、時間的感覚とリズムが実感できると思います。
以下は私が受験した時の「出題分野別標準解答時間」です。
よろしければ参考にしてください。
 
1.権利関係     14問 42分(1問3分程度)
2.法令上の制限
  ・税・価格     11問 20分(1問2分以内)
3.宅建業法     20問 40分(1問2分程度)
4.5問免除科目    5問  7分(1問1分程度)           
5.見直し時間等       11分
合計              120分 

それでは皆さま体調に注意してお過ごしください。

 

(2014年8月31日(日) 11:57)

前の記事

次の記事

新着記事

 かなり久しぶりのブログ更新です。 私の実家の不動産処分や投資物件売却などに手間や時間を取られた一年でした。 私の実家は東北の人口10万人くらいの田舎町です。 高齢の母親が一人暮らしをしていました。しかしながら冬の除雪が負担となり、姉の家の近くの高齢者住宅へ転居しました。そのため維持する...

 寒暖の差が激しい気候が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか? 今年の春から公私ともに多忙でこのブログ更新は7ヶ月ぶりです。 試験日まで20日となりましたが対策は万全でしょうか? さて、ここまで来たら「選択」と「集中」が重要です。 予想問題集や模擬試験の結果に一喜一憂せず、間...

寒暖の差が激しい日々が続きます。皆さま、体調など崩していませんか? 試験日までまだ7ケ月以上ありますが体調管理も試験対策の大事な一環です。 さて今回は権利関係の学習に関する注意点を説明します。 「権利関係」は試験科目の中でも法律を学んだ経験がないと非常に手間取る科目です。 また...

 今日は冬晴れの素晴らしい天気です。 朝刊を取りにマンションの一階へ降りた時は、冷え込みが厳しく身震いしたのですが・・・。 さて今回は「権利関係」についてお話します。 1340+α、この数字は何でしょうか? 実は「権利関係」に関する法律の条文数です。 民法1044条、借地借家法6...

 今年度の宅建試験の合格発表が先週ありました。 合格された方おめでとうございます。不合格だった方は気を取り直し再度チャレンジしましょう。 私も最初の試験は不合格でした。多少の民法関連知識があり甘く見て受験したのがその原因でした。合格基準点に1点足りず・・・・・・!!! それが悔し...

ブログ記事 ページ先頭へ