全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座京都 なるほど納得の宅建講座 スクールブログ 土地の所有者の...

土地の所有者の本人確認

不動産の取引を進めて行く中で、本人確認と本人意思確認は当たり前のこと。

最近の高齢化社会を背景に、土地所有者が認知症であり、判断能力がないのに、家族の意向で取引が進行して行く場合があります。注意!

例えば、売主側が申告しなければ、売主本人が「認知症」だとは解らない。この状況ので、取引を進めれば必ず取引の途中で中断してしまいます。

本人の確認、本人の意思確認を早期の段階で、必ず実施しておくことは、取引を媒介等を行う「宅建取引士」に取りましては忘れてはならない業務になります。

もし、確認不足で業務や取引が進行しても、金融機関の面談や司法書士の面談確認の際には、事実が発見されてしまうことがありますが。

一つひとつの取引は、宅建取引士に取りましては重要な業務ですので、業務の進行の後半で、やっと不足事項が確認できることのミステークは、避けるようにしましょう。

 

(2014年8月25日(月) 12:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

不動産コンサルタントとしての実務経験をベースにした合格ノウハウとは

なるほど納得の宅建講座
後村和治 (宅建)

野洲・守山・山科・京都・大津京・堅田・三条・河原町/四条・烏丸・北大路・烏丸御池・五...

ブログ記事 ページ先頭へ