サイタ資格取得講座宅建講座香川 高橋宅建講座 スクールブログ 何はともあれ宅...

何はともあれ宅建業法!

宅地建物取引主任者試験においての各課目の出題数は
民法が14問
宅建業法が20問
法令上の制限が8問
不動産鑑定評価基準又は地価公示から1問
税法が2問
5問免除課目が5問

の計50問(5問免除者は45問)です。

見てもわかるように、宅建業法が20問と群を抜いており、この課目を
得意としなければ、合格は遠いと思って下さい。

ですから、まずは宅建業法を重点的に勉強(この時期としては、過去問中心で)
して下さい。
また、宅建業法は本試験においても、基礎的な問題の出題が多く、きちんと
勉強できている方は高得点が期待できます。

各課目の勉強のウェイト割合としては、まず宅建業法をメインとするのが
この試験の基本スタイルとなります。

本試験まで、あと少しです。頑張って下さい!

 

(2014年8月19日(火) 23:33)

前の記事

次の記事

新着記事

平成27年宅建試験、本当にお疲れ様でした。 本年も難易度が高く、難しかったと思います。 まずは、出来た、出来なかった関係なく、ゆっくり休んで下さい。 本当に、お疲れ様でした。

久しぶりの更新です。 もう1月が終わりますね。 あっという間でした。 この調子だと、次の宅建試験までも あっという間なのでしょう。 もう勉強開始してますか?

11月となり、今年も残り僅かですね・・・。 よく質問されるのが、宅建試験の勉強はいつ頃から始めれば よいですか? といった質問です。 今まででしたら、年明けてから数か月後、つまり2月か3月ぐらいに と説明していましたが、前回お話したとおり、宅地建物取引主任者は 平成27年4...

宅地建物取引主任者は、平成27年4月1日より宅地建物取引士になります。 これで心配するのは、次回からの宅建試験がどう変わるかでしょうね。 やはり士業に格上げされる以上、これまでの宅建試験と比較して、難易度は 上がると予想するのが妥当なのではないでしょうか。 この予想から、今...

皆さん、宅建試験お疲れ様でした。 今年の難易度も予想どおり高かったですね。 これだけ民法の難易度が高くなると、他の課目、例えば 税法等で確実に得点できるようにするなどの準備も 必要になりますね。 それでも、試験までに基礎をしっかりやっている受験生でしたら 十分に合格圏内に入...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、宅建レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ