サイタ資格取得講座宅建講座三重 あの先生の宅建プライベート講座 スクールブログ 合格には基礎が...

合格には基礎が一番!そして、過去問。民法/意思表示-その1

民法第95条本文は、「意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。」と定めている。
これに関する次の記述は、民法の規定及び判例によれば、正しいか誤りか?

意思表示をなすに当たり、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。













錯誤による無効が主張できるのは、表意者に重大な過失がない場合です。
表意者に重大な過失があれば、錯誤による無効を主張することができません。
よって、問題文のとおりですので、正しい記述で、解答は○ということになります。

 

(2014年8月14日(木) 5:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

宅建参考書の執筆者が教える!傾向~コツまで、試験合格をフルサポート

あの先生の宅建プライベート講座
神宮司道宏 (宅建)

弥富・桑名・富田・近鉄四日市・伊勢松本・桜

ブログ記事 ページ先頭へ