全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座京都 なるほど納得の宅建講座 スクールブログ 空き家率13....

空き家率13.5%と空き家の再生

全国平均の数字は、地域の現状から見れば低い空き家率です。
空き家に含まれるものは、一戸建て住宅、賃貸住宅、社宅等で住宅の内容に相違があります。実感する空き家率はもっと厳しい数字であると思います。

空き家問題は、最近は市町村区単位で真剣に取り組んで来ていますね。
空き家による弊害が周辺住人間でのトラブルまで引き起こし、住人のいない家屋の老朽化がとどのつまり「危険家屋」にまでなっている様子です。

京都市では、市役所に専門の部署を4月から設置し、本格的に市街地の空き家の活性化流通化を進めています。行政と地域住民と地域の不動産業者がスクラムを組み、空き家活性化の実効的な方策を求めて、動き出しています。

行政が不動産業界と、地域問題をじっくりと取り組む活動は余り例をみないところですが、京都市側の考え方では、空き家問題は不動産業界の実践的活動がなければ、解決に到達しないとのこと。
日々、地域内で不動産情報を頻繁に入手交換している専門性を、高く評価された結果でしょうね。

宅建主任者の業務の中では、これからは大きなウエートを占めてくる問題です。

 

(2014年8月12日(火) 9:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

不動産コンサルタントとしての実務経験をベースにした合格ノウハウとは

なるほど納得の宅建講座
後村和治 (宅建)

野洲・守山・山科・京都・大津京・堅田・三条・河原町/四条・烏丸・北大路・烏丸御池・五...

ブログ記事 ページ先頭へ