全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座三重 あの先生の宅建プライベート講座 スクールブログ これも役に立つ...

これも役に立つ!?請負人の担保責任の存続期間/数字ゴロ合わせ

こんにちは。
今日の内容は少し長いです。
それだけに役に立ちます。

まず、請負についてですが、
「請負」とは、当事者の一方(請負人)が、ある仕事の完成を約束し、相手方(注文者)が、その仕事の完成に対して報酬を支払うことを約束する契約のことです。

例えば、大工さんが施主から「家を建ててくれ」と頼まれ、建築を引き受ける場合や自動車の修理屋さんがお客から「この車を修理してほしい」と頼まれて修理をする場合などが代表例です。

当たり前のことですが、請負人は、仕事を完成させる義務を負うことになります。
ただ、仕事を完成させるにあたって、その仕事を第三者に請け負わせても構いませんが、仕事が完成しない限り報酬はもらえません。そして、目的物が有形のものであれば、完成した目的物を引き渡す義務を負います。

請負人は、担保責任を負います(←過失があった場合はもちろん、過失がなかった場合でも一定の責任を負います)。

[1]瑕疵修補請求
注文者は、請負人に対して、相当の期間を定めて、瑕疵の修補を請求することができます。
ただし、その瑕疵が重要なものではなく、修補に過分の費用がかかるときは修補請求できないことには注意です。

[2]損害賠償請求
注文者は、修補に代えて直ちに損害賠償を請求できます。
また、たとえ修補請求した場合であっても修補だけでは損害がカバーできなければ、修補と共に損害賠償の請求もできます。

ところで、この注文者から損害賠償を請求された請負人は、だまってその請求を受け入れるしかないのかというとそうではありません。
請負人は請負人で、今までの仕事に対する報酬はもらえます。

よって、請負人としては、「損害賠償は承知したから、私の報酬をくれるまではその請求に応じないよ!」と言えます。
つまり、これは「同時履行の関係」です。このような関係から判例は、お互いの請求金額について相殺も可能だとしています。

[3]契約の解除
注文者は、完成した目的物の瑕疵が重大なために契約した目的が達成できないという場合については、契約を解除することができます。
ただし、建物、その他の土地の工作物については解除できません。
なぜなら、単純にもったいないからです。建物をせっかく建てたのに、いくら契約の目的を達成できないからと言って契約を解除してしまうと、その建物を取り壊さなければならないということになります。それでは、請負人にとっては大打撃ですし、社会経済上不利益だからです。このような場合、注文者としては、損害賠償でたっぷり埋め合わせをしてもらうしかありません。

※担保責任の適用除外
注文者が提供した材料、又は、注文者が与えた指図のために瑕疵が生じたとき、請負人は担保責任を負いません。
ただし、請負人がその材料又は指図が不適切であることを知りながら告げなかった場合は、担保責任を免れません。

つまり、注文者から大工さんが、「材料はこれにしろ!作り方は、この方法にしろ!」等と指示を受けて建物を建てた後、欠陥が生じても大工さんの責任にはなりませんが、その指示がプロの大工さんから見て「そんな材料じゃ、家がぶっ壊れるのに…」とわかっていて、それを「お客さん、そりゃ~ちょっとまずいよ…」と教えてあげなかった場合は大工さんの責任となるということです。

ところで、請負人は「自信を持って仕事を完成させるのだから、その後まで、文句を言われたくない!」ということで、担保責任を負わないようにすることはできます。請負人は、担保責任を負わない旨の特約をすることができるわけです。ただし、前述と同じく請負人が知っていて告げなかったときは担保責任を免れません。

[担保責任の存続期間]
さて、請負人としても、いつまで経っても永久に責任を追及されても困りものです。そこで、注文者が瑕疵修補請求や損害賠償請求・契約の解除ができる期間が定められています。


 〈請負人の担保責任の存続期間〉

  目的物が建物・土地の工作物の場合、引渡し後5年間。

  但し、石造・土造・れんが造・金属造については、10年間。

 《ゴロ合わせ》

  [大工]さん、[渡した後]は [ゴ]メンして!
  請負人   引渡し後   5年間

  [頑固]な人だな、あんた!もう [充]分でしょ!!
  頑丈な工作物         10年間
(れんがや金属)

  ※ゴロ合わせ解説(イメージしよう!)
    建築後も、色々と、おせっかいをやく頑固な大工さん・・・。

これも役に立つ!?請負人の担保責任の存続期間/数字ゴロ合わせ

(2014年8月5日(火) 5:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

宅建参考書の執筆者が教える!傾向~コツまで、試験合格をフルサポート

あの先生の宅建プライベート講座
神宮司道宏 (宅建)

弥富・桑名・富田・近鉄四日市・伊勢松本・桜

ブログ記事 ページ先頭へ