全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座京都 なるほど納得の宅建講座 スクールブログ 本音と建前が存...

本音と建前が存在する業務

宅建主任者の役割は?
重要事項の説明、重要事項説明書への署名押印となりますが、本質的な役割は?

消費者保護の観点からの業務遂行と言えます。
不動産の商品を売りつける役割ではありません。買い手側のアドバイザーです。

本音と建前があります。
建前論で述べて来ましたが、業法上規定されている意味合いは、やはり建前の意味合いが大半です。実務で進めている内容がズバリ、業法上で決められていることばかりではありません。成績主体の側面もあります。

今回、学習されている事柄を充分実務に落とし込んで、業法通りの正確な業務を遂行される宅建主任者さんになって下さい。
業法の精神は「消費者の保護」になっていることを忘れないで下さい。

不動産の事情に不慣れな顧客に、正確な情報を伝達し、内容を理解される様に導き、安心安全な取引が出来ることで、仕事が完了します。
宅建主任者の役割は、そこのところです!

 

(2014年8月4日(月) 21:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

不動産コンサルタントとしての実務経験をベースにした合格ノウハウとは

なるほど納得の宅建講座
後村和治 (宅建)

野洲・守山・山科・京都・大津京・堅田・三条・河原町/四条・烏丸・北大路・烏丸御池

ブログ記事 ページ先頭へ