全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座愛知 あの先生の宅建プライベート講座 スクールブログ あまり見かけな...

あまり見かけない「民法の語呂合わせ」 その1

[消滅時効の完成に必要な時間]
①債権  10年
②所有権以外の用益物権(地上権/地役権/永小作権など)  20年
③短期消滅時効の債権
  地代・家賃など  5年
  医療費・請負人の工事代・労働債権など  3年
  商品代金・授業料など  2年
  飲食代・宿泊代・運送費など  1年

[消滅時効の起算点]

①確定期限の定めのある債権
→期限が到来した時
(具体例)弁済期が平成××年3月31日と定められている場合、消滅時効はその期限が到来した時(平成××年4月1日)から開始する。

②不確定期限の定めのある債権
 →期限が到来した時
(具体例)「Aが死んだら払う」というような場合、消滅時効は、その期限が到来した時(Aが死亡した時)から開始する。

③期限の定めのない債権
 →債権の成立した時
(具体例)売買契約で買主が、いつ払うか決めていないような場合、消滅時効は、その債権が成立した時(売買契約の成立時)から開始する。

金銭消費貸借から生じた債権
 →貸付から相当の期間を経過した時
(具体例)金銭消費貸借から生じた期限の定めのない債権の消滅時効は、金銭を貸し付けた後、相当の期間を経過した時から開始する。

④停止条件付の債権
 →条件成就の時
(具体例)「農地法5条の許可が出たら売却する」というような停止条件付の債権の場合、消滅時効は、その条件が成就した時(許可が出た時)から開始する。

 〈消滅時効の完成に必要な期間〉

  債権  10年
  所有権以外の用益物権(地上権など)  20年

 《ゴロ合わせ》
  [再建] には [当]然、 [地上]の星!      [つ~]ばめよ~!♪♪
  債権      10年  地上権など用益物権  20年
  
  ※ゴロ合わせ解説(イメージしよう!)
    企業の再建は「プロジェクトX」を参考にしよう!
    テーマソングは・・・?

あまり見かけない「民法の語呂合わせ」 その1

(2014年7月15日(火) 5:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

宅建参考書の執筆者が教える!傾向~コツまで、試験合格をフルサポート

あの先生の宅建プライベート講座
神宮司道宏 (宅建)

弥富・桑名・富田・近鉄四日市・伊勢松本・桜

ブログ記事 ページ先頭へ