全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座広島 宅建ヒロモトスクール スクールブログ 有体に言えば・...

有体に言えば・・・

お盆までにインプットを一応終了させて、8月中旬以降は、分野別演習や模擬試験等の答練にシフトするのが一般的ですが、これから短期集中でスタートするかたもおられるでしょう。

短期集中では、過去問以外に手を出すこと、「それは、駄目です。」

限られた学習時間の中で、明けても暮れても過去問10年分だけ解き切れば、よろしい。「三十六計過去問に如かず」

当スクールでは、答練のみのレッスンも可能です。

さて、「あっという間の理解で済ますところ」の続きです。

【権利関係】
 ◆物権変動    ~ 後 の第三者との優劣は登記で決める
 
           取消し   後
           解除    後
           時効完成 後
           遺産分割 後

 理由  二重譲渡類似の図に書き直せるから
 
☞善意・悪意で判断するときは、登記は無視する
   (例 詐欺・強迫・虚偽表示など)

☞登記の有無で判断するときは、善意・悪意は無視する

◆抵当権    法定地上権の成立の判断

☞最初の図(一番抵当権設定時の図)に着目する!
  
①土地の上に建物が存在し、②土地と建物の所有者が同一であれば(そのような図になっていれば)、法定地上権が成立する。

もし、更地に(一番)抵当権設定とあれば、建物が存在しないので、①の要件を満たさず、法定地上権は成立しない。

また、借地上の建物に抵当権設定とあれば、②の要件を満たさず、法定地上権は成立しない。この場合、建物の買受人は借地権も手に入れることになる。
 
覚える量が増えてくるとその分忘れる量も多くなりますが「二歩前進一歩後退」くらいな気持ちで、とにかく毎日問題を解き続けることです。 


 

(2014年7月12日(土) 12:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講義経験6000時間以上!経験が裏付ける合格メソッド伝授します

宅建ヒロモトスクール
廣本啓一 (宅建)

天神川・広島・横川・西広島・新井口・五日市・新白島・下祇園・本通・八丁堀・立町・袋町...

ブログ記事 ページ先頭へ