全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座京都 なるほど納得の宅建講座 スクールブログ 手強い過去問題...

手強い過去問題集とのお付き合い

昨日、自分用に書店で過去問題集を購入しました。
宅建業務の基本ををベースに、各問題が作成されているのでしょうが、微妙な問題表現が含まれており、その問題のポイントを確実に認識している場合のみ、解答が引き出せるのだと、再認識しました。
問題作成者の意図を考えながら、実務面での運用や対応との比較を思い浮かべてしまいます。基本事項をしっかりマスターして欲しいことを強く思いました。

これまで、長年に渡り実務に携わっている者として、実務経験からの答が微妙に不正解になると、ため息をついてしまいます。
また、「これしかない!」と確実に正解できた問題でも、受験者さんを惑わす問題表現になっていることを考えれば、試験問題用の表現も存在しているとなります。

宅建業法と民法上での対応のズレも、受験者さんには難しいところでしょうね!
過去問題への取り組みは、問題集の消化量がモノを云うことになるのでしょうか。
1日に何問かを確実に消化する・・・・などを目標に繰り返すことができれば、さらに目標に近づいて行きます。

受験までのトレーニングは、やっぱり繰り返しが大切とのことをアドバイスさせていただきます。
あなたが気に入った参考書・問題集等を一つ常に携行して、行動して下さい。

 

(2014年6月27日(金) 8:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

不動産コンサルタントとしての実務経験をベースにした合格ノウハウとは

なるほど納得の宅建講座
後村和治 (宅建)

野洲・守山・山科・京都・大津京・堅田・三条・河原町/四条・烏丸・北大路・烏丸御池

ブログ記事 ページ先頭へ