サイタ資格取得講座宅建講座東京 タケイ宅建スクール スクールブログ ■建物を建築

■建物を建築

■建物を建築

【建築基準法】
「建築基準法」という法律は、建物も好き勝手に建てていいということはなく、いろいろな制限設けています。

建築基準法とは、健全な都市づくりに欠かせない建築物の秩序について定めた法律です。
建築物の個々の安全性や居住性を一定レベル以上に保つことを目的としています。

建築物の敷地、構造、設備および用途に関する最低の基準を定めた法律です。

これにより
その場所に工場を建築しても良いか、どのくらいの高さまで大丈夫かを定め、
建築物の利用者自身や近隣住民の生命、健康および財産を保護する法律です。

 

(2014年6月4日(水) 13:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

宅建の試験対策DVDを発刊。ベテラン講師が、すき間時間活用の極意を伝授

新着記事

<Ⅱ勉強姿勢> ②全力を尽くす。  資格試験を決めたら、全力を尽くすことであります。つまり、 能力、全資産、をフルに利用することであります。全資産とは、人 脈であり、資力であります、もちろん地の利、人の和も入ると思い ます。 ③やる気を持続させる 資格試験ですか...

<2>地価公示の効力 1.一般土地取引は、 公示価格を「指標」とする。 2.不動産鑑定士が鑑定評価を行う場合 ・公共事業用地の取得価格算定は 公示価格を規準とする ・土地収用に対する補償金額算定は公示価格を規準とする 鑑定評価、公共事業用地の任意買収、土地収用の場合は、公...

NO6.関係市町村による一般の閲覧に供する。 ①関係市町村の長は、上記5番の書面および図面を、市町村事務所において一般の閲覧に 供します。 ①一般の閲覧に供するのであって「利害関係人」には限りませんので要注意です。

NO5.土地鑑定委員会による関係市町村の長へ「公示価格」を記載してある書面と図面を送付します。 土地鑑定委員会は、関係市町村の長に対し、その市町村が所在する都道府県の標準地の 公示価格を記載してある書面と図面を送付します。 出題可能性の高い重要点です。 ①送付するの...

NO4.土地鑑定委員会による公示が行われます。 土地鑑定委員会は、標準地の「単位面積当たりの」「正常な価格」を判定したときは、次の事項をすみやかに官報で公示します。 ①標準地の所在する市町村、地番(住居表示) ②標準地の単位面積当たりの価格、価格判定基準日 ③標準地の地積、...

ブログ記事 ページ先頭へ