サイタ資格取得講座宅建講座東京 タケイ宅建スクール スクールブログ ●相続税の非課...

●相続税の非課税財産

●相続税の非課税財産

相続税の非課税財産として、主なものは以下のとおりです。

1)次のものは非課税財産とされ、課税価格に算入しません(財産から控除)。

(a)墓所、霊びょう、祭具ならびにこれらに準ずるもの
(b)宗教、慈善、学術その他公益を目的とする事業を行う者が取得した財産で、その公益事業の用に供されることが確実なもの
(c)心身障害者共済制度に基づいて支給される給付金を受ける権利



(2)国等に対して相続財産を贈与した場合等の非課税

(a)相続人または受遺者が相続または遺贈により一旦取得した財産を相続税の申告期限までに、 国、地方公共団体、日本赤十字社、学校法人、社会福祉法人、
特定の業務を行う民法法人のうち特定公益増進法人等に贈与した場合のその財産は非課税とされます。
(b)上記と同様に、相続または遺贈により取得した財産に係る金銭を特定公益信託のうち、
その目的が教育または科学の振興、文化の向上、社会福祉への貢献、
その他公益の増進に著しく寄与するものの信託財産とするために支出した場合には、その財産は非課税。

 

(2014年6月3日(火) 17:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

宅建の試験対策DVDを発刊。ベテラン講師が、すき間時間活用の極意を伝授

新着記事

<Ⅱ勉強姿勢> ②全力を尽くす。  資格試験を決めたら、全力を尽くすことであります。つまり、 能力、全資産、をフルに利用することであります。全資産とは、人 脈であり、資力であります、もちろん地の利、人の和も入ると思い ます。 ③やる気を持続させる 資格試験ですか...

<2>地価公示の効力 1.一般土地取引は、 公示価格を「指標」とする。 2.不動産鑑定士が鑑定評価を行う場合 ・公共事業用地の取得価格算定は 公示価格を規準とする ・土地収用に対する補償金額算定は公示価格を規準とする 鑑定評価、公共事業用地の任意買収、土地収用の場合は、公...

NO6.関係市町村による一般の閲覧に供する。 ①関係市町村の長は、上記5番の書面および図面を、市町村事務所において一般の閲覧に 供します。 ①一般の閲覧に供するのであって「利害関係人」には限りませんので要注意です。

NO5.土地鑑定委員会による関係市町村の長へ「公示価格」を記載してある書面と図面を送付します。 土地鑑定委員会は、関係市町村の長に対し、その市町村が所在する都道府県の標準地の 公示価格を記載してある書面と図面を送付します。 出題可能性の高い重要点です。 ①送付するの...

NO4.土地鑑定委員会による公示が行われます。 土地鑑定委員会は、標準地の「単位面積当たりの」「正常な価格」を判定したときは、次の事項をすみやかに官報で公示します。 ①標準地の所在する市町村、地番(住居表示) ②標準地の単位面積当たりの価格、価格判定基準日 ③標準地の地積、...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、宅建レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ