全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座東京 タケイ宅建スクール スクールブログ (5) 相続...

(5) 相続の承認・放棄

(5) 相続の承認・放棄

被相続人が死亡した場合、相続人は相続を承認するのも放棄するのも自由です。
相続には「限定承認」「単純承認」があります。

1:「限定承認」とは、相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務等
を弁済し、固有財産をもって責任を負わないという留保付で権利義務を承継することです。

2:相続財産全部について承認することは「単純承認」といいます。


☆ 相続の承認・放棄の条件

①相続の承認・放棄は、相続人が相続の開始を知ったときから3ヶ月以内にしなければ
 ならない!

②一度した相続の承認・放棄は、原則として撤回することができません。

③未成年者が相続の承認・放棄をする場合、法定代理人の同意を要します。

④相続開始前に、前もって相続の放棄をしておくことはできません。

⑤相続の開始を知りながら相続財産を処分した者は、単純承認をしたものとみなされます。

⑥相続人が数人いる場合、限定承認は、相続人全員が限定承認してしなければなりません。

 

(2014年6月2日(月) 18:58)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

宅建の試験対策DVDを発刊。ベテラン講師が、すき間時間活用の極意を伝授

タケイ宅建スクール
武井信雄 (宅建)

品川・渋谷・原宿・新宿・高田馬場・池袋・武蔵浦和・浦和・大宮・東大宮・板橋・十条・与...

ブログ記事 ページ先頭へ