全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座東京 タケイ宅建スクール スクールブログ 3欠格と廃除

3欠格と廃除

3欠格と廃除

相続人が相続権を失う事由には、欠格と廃除の2つがあります。
ただし、 代襲相続は可能である

 ●欠格事由の該当について
法定相続人には、順位ごとに遺産を相続する権利を有しています。

しかし、相続で優位になるために罪を犯したり、被相続人を恐喝などして自分に有利な遺言を書かせたりするのは、
欠格事由に該当し、相続権を失います。欠格事由に該当するのは次の場合です。


1. 故意に被相続人、先順位の相続人を殺害した者、または殺害しようとし刑に処せられた者

2. 被相続人が殺害されたのを知っていながら告発、告訴しなかった者(ただし判断能力が無い者や、殺害者が配偶者または直系尊属の場合は除く)

3. 詐欺や脅迫により被相続人の遺言を妨害した者

4. 遺言書を偽造、破棄、隠匿した者

 このような欠格事由に該当する者がいる場合は、
その他遺族は相続登記や名義変更などの相続手続きするために、確定判決の謄本や、
その相続人が欠格事由に該当することの証明書を用意し、手続きを行います。

 

(2014年5月27日(火) 9:16)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

宅建の試験対策DVDを発刊。ベテラン講師が、すき間時間活用の極意を伝授

タケイ宅建スクール
武井信雄 (宅建)

品川・渋谷・原宿・新宿・高田馬場・池袋・武蔵浦和・浦和・大宮・東大宮・板橋・十条・与...

ブログ記事 ページ先頭へ