全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座東京 タケイ宅建スクール スクールブログ (2)相続の開...

(2)相続の開始

(2)相続の開始
相続の開始の流れは下記の手順で行われます。

相続の発生
死亡の日から7日以内に市町村役場へ死亡届を提出します。医師の死亡診断書が必要になります。
 ↓
遺言書の有無の確認
遺言書があると遺言書の内容を前提として手続きの流れが大きく変わってきます。まず最初に遺言書の有無の確認をすることになります。
 ↓
相続人の確定
民法の規定により、亡くなった人(被相続人といいます)の財産をもらう権利のある人(法定相続人といいます)が決まっています。また、各法定相続人がどれくらいの財産をもらう権利があるのか(法定相続分といいます)も民法の規定により確定することになります。
 ↓
相続財産の調査
被相続人の財産及び負債の調査をします。なお、この時点で相続税の計算ができるようになりますので、実際に相続税が課税されるかを知ることができます。
 ↓
所得税の準確定申告
被相続人が生前確定申告をしていた場合は、死亡後4ヶ月以内に死亡した年の1月1日から死亡時までの所得税の準確定申告をします。
 ↓
遺産分割協議
遺産分割協議を行うかどうかは法定相続人の自由ですが、遺産分割協議を法定相続人全員ですることにより相続財産をどのように分配するかを決めることができます。
 ↓
相続財産の名義変更
不動産、預貯金、株式などの被相続人名義の財産を各相続人の名義に変更する手続きをします。
 ↓
相続税の申告
相続税を支払う必要がある場合は税務署に相続税の申告をすることになります

 

(2014年5月26日(月) 23:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

宅建の試験対策DVDを発刊。ベテラン講師が、すき間時間活用の極意を伝授

タケイ宅建スクール
武井信雄 (宅建)

品川・渋谷・原宿・新宿・高田馬場・池袋・武蔵浦和・浦和・大宮・東大宮・板橋・十条・与...

ブログ記事 ページ先頭へ