サイタ資格取得講座宅建講座東京 タケイ宅建スクール スクールブログ 宅建に合格する...

宅建に合格するまでの学習時間

宅建に合格するまでの学習時間は、標準的に考えれば300時間程度は必要と思われます。


もちろん個人差はありますが、少なくとも200時間の勉強時間は必要でしょう。


最近の試験の出題内容をみると、設問は高度になり、表現も複雑になっています。意図を正しく理解するのに時間がかかるものが増えています。

近年の宅建試験合格率は15%前後となっております。

つまり約85%の方が残念な結果となっているのです。


短時間の付け焼刃的な学習で合格できる試験ではないということが言えます。受験者は真剣に学習し十分な基礎知識を身に付けることが必要です。

 

(2014年5月18日(日) 12:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

宅建の試験対策DVDを発刊。ベテラン講師が、すき間時間活用の極意を伝授

新着記事

<Ⅱ勉強姿勢> ②全力を尽くす。  資格試験を決めたら、全力を尽くすことであります。つまり、 能力、全資産、をフルに利用することであります。全資産とは、人 脈であり、資力であります、もちろん地の利、人の和も入ると思い ます。 ③やる気を持続させる 資格試験ですか...

<2>地価公示の効力 1.一般土地取引は、 公示価格を「指標」とする。 2.不動産鑑定士が鑑定評価を行う場合 ・公共事業用地の取得価格算定は 公示価格を規準とする ・土地収用に対する補償金額算定は公示価格を規準とする 鑑定評価、公共事業用地の任意買収、土地収用の場合は、公...

NO6.関係市町村による一般の閲覧に供する。 ①関係市町村の長は、上記5番の書面および図面を、市町村事務所において一般の閲覧に 供します。 ①一般の閲覧に供するのであって「利害関係人」には限りませんので要注意です。

NO5.土地鑑定委員会による関係市町村の長へ「公示価格」を記載してある書面と図面を送付します。 土地鑑定委員会は、関係市町村の長に対し、その市町村が所在する都道府県の標準地の 公示価格を記載してある書面と図面を送付します。 出題可能性の高い重要点です。 ①送付するの...

NO4.土地鑑定委員会による公示が行われます。 土地鑑定委員会は、標準地の「単位面積当たりの」「正常な価格」を判定したときは、次の事項をすみやかに官報で公示します。 ①標準地の所在する市町村、地番(住居表示) ②標準地の単位面積当たりの価格、価格判定基準日 ③標準地の地積、...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、宅建レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ