全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座広島 宅建ヒロモトスクール スクールブログ 宅建試験の難易...

宅建試験の難易度は正直言ってどのくらい。

宅建資格を今年、是非取得してくださいね。学習もそろりとスタートです。

講師となってからも、平成19年まで毎年受験し試験会場で問題を解いていました。それ以降は当日に本試験問題を入手して、合格最低点を個人的に予想しています。実は、平成22年に別の資格試験を受験するために、連続宅建受験は途切れました。

近年の宅建問題を解いた感触では、「現場思考で解くことも必要です」と言い難くなっています。現場思考ができるくらいなら苦労はしません。これ本音です。でも、考え方の方向性が出てくるくらいの底力は身に付くよう指導します。

50問出題で、2013年度の合格最低点は33問正解でした。33問正解ということは17問間違えているわけでしょう。これで受験生心理として合格の手応えを感じるでしょうか。う~ん、感じられないかも・・・

つまり、33問前後の合格最低点の場合は、難しい試験と言えるでしょう。合格率は関係ありません。学習努力の程度からすると、適度な難易度だと思います。

簡単ではないけれど、逆立ちしないと受からない試験でもありません。逆立ちしたらせっかくの知識がこぼれますから、本試験日まで逆立ちは遠慮してください。

やはり37、38問以上の正解でないと合格したとの実感がわかないのではないでしょうか。ということで、コーチとしては38問正解を目標とします。

 

(2014年4月18日(金) 19:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講義経験6000時間以上!経験が裏付ける合格メソッド伝授します

宅建ヒロモトスクール
廣本啓一 (宅建)

天神川・広島・横川・西広島・新井口・五日市・新白島・下祇園・本通・八丁堀・立町・袋町...

ブログ記事 ページ先頭へ