全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座兵庫 ミワ宅建スクール スクールブログ おとな女子の賢...

おとな女子の賢い住宅ローンについて

住まいをプランニングするとき、永遠のテーマとなるのは「マイホーム購入か」「賃貸か」ということです。
住まいは人それぞれの価値観によって決まるものであるため、一概にどちらがいいとは決められません。
家族と一緒か、おひとりさまか、何歳まで生きるのかによってメリットデメリットも変化します。
特に、マイホーム購入ともなると慎重にならざるを得ません。
住宅ローンを組んで家を購入するということは、すなわち大きな大きな借金を抱えることになるわけですから、将来の出費や収入が減った場合などいろいろな状況を見越してローンを組まなければ、返済に行き詰まり苦しむことになりかねません。
マイホーム購入の際には、できれば頭金2割プラス諸費用1割は最低でも準備したいもの。転職後すぐであったり、過去にクレジットカードの支払いが遅れたことがあれば、
ローンが組めない場合もあります。また、ローンの返済中に契約者が亡くなったりした場合に本人に代わってローンを支払うための保険への加入が、ローン加入の条件になっています。
つまり家を購入するためには、生命保険に加入できる良好な健康状態である必要があるというわけです。
一生に一度の大きな買い物は、新しい情報のチェックも忘れず、ローンのタイプをしっかりと吟味しましょう。

 

(2013年11月17日(日) 19:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

法律事務所出身。初歩の初歩から具体例を交えて、和やかにレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ