全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座大阪 宅建力アップ講座 スクールブログ 制限行為能力者...

制限行為能力者 未成年の年齢は?

民法の勉強を始めると、制限行為能力者という人たちのことを学習します。
単独では契約などができず、もし勝手に契約をしたら取り消すことができるというものです。

制限行為能力者の代表は未成年者です。20歳未満の人たちのことです。
今、この未成年者のことが、政治の場で盛んに論議されています。18歳まで成人年齢を引き下げるかどうか、ということです。

選挙権も、酒も、たばこも、競馬も、そして契約も、18歳から単独でできるようになるのでしょうか。
いろいろと問題はあるでしょうが、興味をもって注目ですね。

 

(2012年2月27日(月) 15:21)

前の記事

この記事を書いたコーチ

経歴豊富な先生!消費者側、企業側、FPなど中立側から法を総合的に学べる

ブログ記事 ページ先頭へ