サイタ資格取得講座宅建講座京都 京都烏丸宅建講座 スクールブログ 相続税対策②

相続税対策②

一般的に、相続税対策というと、如何にして支払い税額を減らすかという事に重点が置かれます。

果たしてそれが正しいのでしょうか。

税金が減っても、代わりに、

保険料が増えている。

アパート・マンション建築の出費が増えている。

では、意味がありません。

そこで、

所有不動産に新規にアパート・マンションを建築するのではなく、

事業用資産の買い替えの特例を使って、

利回りの高い中古マンションと交換し、それで、キャッシュフローを増やして、相続税の支払準備をして貰う。

土地は、相続税を発生させますが、土地では、相続税は原則として支払えません。

そこで、土地の一部を、利回りの高い中古マンションと交換し、キャッシュ化するのです。

如何ですか?

 

(2012年2月18日(土) 21:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

元・税理士法人副所長。宅建のほか、簿記・FPの講師としても活躍中

ブログ記事 ページ先頭へ