全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座宅建講座神奈川 実務につながる宅建合格講座 スクールブログ ひと口に「地価...

ひと口に「地価」と言っても・・・

少し前の話になってしまいますが、12月17日付の神奈川新聞に「基準宅地価格8.0%下落」という見出しの記事が掲載されました。

記事によると、2012年から3年間の固定資産税評価額の算定基準となる市町村の基準宅地価格が、前回の2009年に比べて、神奈川県平均で8.0%の下落。上昇地点はゼロ。横浜市は神奈川県内で下落幅が最も大きく、17.8%の下落。とのことです。


さて、こういった「土地の価格=地価」のニュースは、時々目にしますよね。

「地価」という言葉は、宅建主任者試験の勉強をしている人でなくても、どこかで目にしたり耳にしたりしているはずです。

しかしながら「土地の価格」には、実は色々な種類があります。

今回報道された「基準宅地価格」は通常「基準地価」と言われています。しかしながら、横浜市の地価マップを見てみると、「公示地価」という表示もされています。

また、「土地の価格」には「路線価」という種類もあります。同じ地点でも、「公示価格」と「路線価」は違う価格です。

このような公表されている価格の他にも、「実売価格」「実勢価格」などと言う言葉も存在しますね。


ひと口に「地価」と言っても、どの種類の「土地の価格」を参照するのか、目的によって変わってくるわけです。



東日本大震災の被災地では、土地の評価が既存の仕組みでは算定できない、という話も聞こえてきます。国が買い上げるにしても、土地の価格を決めないと買い上げに移行できませんから、無理やりにでも地価の算定を行なっているようです。


2012年は平穏な年になることを願ってやみません。

 

(2011年12月24日(土) 18:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

不動産業の他、シニアアドバイザーとして自治体の相談員も。教職経験あり

実務につながる宅建合格講座
吉沢充世 (宅建)

川崎・鶴見・東神奈川・新横浜・綱島・大倉山

ブログ記事 ページ先頭へ