全国5万人が受講している「サイタ」

宅建(宅地建物取引士)

宅建(宅地建物取引士)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

60分あたり3,700円〜の
低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

無料体験レッスンの申込みはこちら

サイタ資格取得講座宅建講座スクールブログ

宅建講座 スクールブログ

最新記事

宅建の先生直筆、スクールブログの最新記事を、更新順にご紹介!

宅建士に合格したらどうするの?
宅建士に合格したらどうするの?
「晴れて試験合格した!!」となっても、すぐには宅地建物取引士にはなれません。 宅地建物取引士試験に合格した後は、次の手順で、宅地建物取引士になります。 【宅地建物取引士...
(宅建講座 はじめての宅建講座 風間宏コーチ)
動画第2弾アップしました!
動画第2弾アップしました!
過去問実況プレイの第2弾をYouTubeにアップしました! 今回は「代理」に関する問題です。 第1弾と比べても、かなり実況みが増したと思います笑 動画はこちらから↓ ...
(宅建講座 忙しい人のための宅建講座 吉田顕太コーチ)
YouTubeに動画をアップしました!
YouTubeに動画をアップしました!
『宅建過去問実況プレイ』と題して動画を作成しました! 動画はこちらからご視聴ください! ⇨ https://youtu.be/Rjr_MNljfbk みなさま、「実況プレイ」...
(宅建講座 忙しい人のための宅建講座 吉田顕太コーチ)
アクセスランキング

サイタの宅建講座のブログ記事から、過去1週間のアクセス数が多かった順に掲載!

1位

動画第2弾アップしました!

過去問実況プレイの第2弾をYouTubeにアップしました! 今回は「代理」に関する問題です。 第1弾と比べても、かなり実況みが増したと思います笑 動画はこちらから↓ https://youtu.be/22rTy...

2位

宅建士に合格したらどうするの?

「晴れて試験合格した!!」となっても、すぐには宅地建物取引士にはなれません。 宅地建物取引士試験に合格した後は、次の手順で、宅地建物取引士になります。 【宅地建物取引士の試験合格】   ↓ ※実務経験2年以上 ...

3位

宅地建物取引士(宅建士)の将来性!数年後には大変な事に!

宅地建物取引士(宅建士)の将来性についてですが、今後、商習慣や取引形態がアメリカ式に代わってきた場合は儲かると思います。 現状は、事務所に宅地建物取引士(宅建士)の人数が5人に1人でないといけませんが今後は必ず1人ずつ宅地建物取引士...

4位

相続の基本

戦前は、「家督相続」といって、長男が戸主としての地位や財産権のすべてを相続していました。 現在は、遺言で相続をきめる「遺言相続」と遺言がない場合に民法で相続人の範囲とその割合を決める「法定相続」の2本立てになっていま...

5位

宅建士資格受験 合格するために

今年も不動産会社の社員さんに不動産の実務研修、宅建取得講習を開始しました。 4月に入社して1ヶ月ほどが経過したのですが、既に知識習得に個人差が出始めました。 どうしても多数での講義は、こちらから授業を発信するのですが、受講生の...

6位

民法の意思表示の心裡留保についてです。

今日は心裡留保について書いてみます。 条文では、 第93条(心裡留保) 意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、相手方が表意者の真意...

7位

平成30年度 宅建士本試験 講評

10月21日は宅建試験の本試験日でした。 受験された方もいらっしゃるかと思いますし 来年合格を狙っている方もいるかと思います。 出題内訳は例年と変わりありませんでした。 今回の権利関係ですが、条文問題の出題...

8位

宅建士試験の傾向について

宅建業法の一部改正に伴い、平成27年度より宅地建物取引主任者から宅地建物取引士へと、士業に変更になったことは周知のとおりです。 それに伴い、試験が難化するのではとご多分に漏れず私も懸念しておりましたが、ふたを開けてみますと、合格...

9位

宅建合格から始まった。

もともと私は、外国語大学で英語を専攻していました。 卒業後も法律とは全く関係のない仕事に就いたのですが、 数年後、腰を悪くして、退職しました。 その間に、非常に人気のあった宅地建物取引主任者という資格を知り、独学でなんとか、合格...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、宅建レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

宅建(宅地建物取引士) ページ先頭へ