サイタスポーツ教室太極拳教室東京 望永太極拳教室 太極拳の世界へようこそ スクールブログ 第二特徴:身体...

第二特徴:身体を伸長する弾性運動

身体を伸ばすこと。太極拳を練習する時に、身体各部をできるだけ伸ばしながら動き、その中から全体的な弾性力が発生し、更に上達すると太極拳掤勁になれる可能もあります。
◎身体を伸長すること=弾性力=太極拳掤勁

弾性的な掤勁
太極拳については、“用意不用力”の要求があります。しかし“不用力”と言うことが“蛮力”を使わないことで、代わりに“勁”を使うべきであります。
長年の太極拳練習によって、身体の“蛮力”を変化され、“太極拳勁”を身に付けられます。
この“太極拳勁”には、“掤勁”と言い、ですから太極拳は掤勁拳とも言います。
“掤勁”から、運動方向と使い方によって、基本的に七つの勁別になり、合わせて八門勁と言います。

 

(2014年7月12日(土) 11:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

”無理なく楽しく”が太極拳の基本!外科医出身なので健康のことならお任せ

新着記事

第六特徴 連続不断、滔々不絶の一気呵成運動 拳譜規定: 1、“往復、進退須転換” 2、“収即是放、放即是収” 3、“勁断意不断、意断神可接“ 4、“如長江大河、滔々不絶、一気呵成” 以上の規定から分析すると、太極拳は一動全動する上に、動作と動作間の 繋がりが必ず内勁不断、一気呵...

“心は身の中心であり、腎臓が性命の源である。できるだけ心を清め、欲を少なくし、心地の根本を育つ;根本基礎つまり内面は堅固すると、表も盛り、繁栄していきます。” “練習については、自分の体力により、無理しないで、一回でも、十回でも、もちろん体力旺盛の場合ができるだけ動いたほうが良いです...

“世の中、太極拳に対して、柔軟体操と思う人が多いです。事実はそうではありません!  太極拳の練習は拳法として、長期的に厳しく鍛錬することで(百練成剛)、剛から柔になり、柔から至大至剛になる;更に剛柔相済の最大融合で無形無相の境地に至る! 外観から見ると、柔らかく見えるので、皆は柔軟体操...

5年前から、膝の持病原因で僕の施術を受けた患者さんは気功と太極拳の勉強も始まりました。 この間に健康診断を受けて、なんと72歳から47歳に変身しました。 僕はこの結果を見て、心の花が咲きました。 とても嬉しいことです! 自分の20年若返ったより喜んでいます!

二、 開合虚実、呼吸自然 “開合虚実、即為拳経”;“一開一合、拳術尽矣” 開合と虚実の動きはすべて拳法の内容と表現である。 太極の元気で、全身に流れ、体の屈伸往来など、全て開合虚実の動きの中に現れている。 太極拳一動一静の動きは全て拳法の極意を表現する。 “打拳以調養気血...

ブログ記事 ページ先頭へ