サイタスポーツ教室ストレッチやり方教室東京 キレイになるデトックスストレッチ レッスンノート

キレイになるデトックスストレッチレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

姿勢を自然に正す
四つ這い  膝を広めに開く  膝下と床の接地面を多くする  手の親指の付け根をしっかり床につける  溝落ちのラインを上げる   立つ  膝下は内まわし 膝上は外まわし 深層の...
ゼロポイント
ゴルフボールマッサージをを長めにして 足裏の感覚を研ぎ澄ませました。 ゼロポイントを感じるために 満遍なく足裏の体重移動をしました。 前屈 後屈 側屈でゼロポイントを感じる。 ...
自分の中心軸
こうすべき、こうあるべきの他人軸ではなく こうした方が楽、調子が良いという自分軸を感じることをすることで 自然な立ち位置になることを実感しました。 プランク 腕、腰、前ももの代償...
肋骨をしまう
腰が反ると肋骨がひらきます。 肋骨をしまうために 腰で調子を取るのではなく 体全体を使って動くということをやりました。 1、背中を柔らかくすること 2、腹筋群を使うこと 1、...
股関節をひく
踏み込んだ時に膝が内側に入ってしまうのは 色んな筋肉を使えてない状態。 膝を外側にむけることをやりました。 立膝から片方の足を前に出し、 その股関節を引くと同時に反対の手を前に出す ...
前屈、腹横筋、股関節。
後ろ体重だと動きのパフォーマンスが落ちるので 後ろ体重を真ん中に戻すべく丸まる動き、前屈をしました。 足のグーチョキパーで、前頭葉を活性化して 柔軟性をアップ。 腹横筋を使った呼...
体を丸めるということ
後ろ体重が常態化すると、動きのパフォーマンスがおちるので 体を丸める動きをやりました。 ・足指を使って体を安定させる。 ・腰周りの筋肉を首だけで頑張らず柔らかくして緊張をとり、 上半...
緊張をほどくために体全体を使う
筋肉が硬いと体が硬くなり、体を動かしづらくなります。 筋肉が硬いのは筋肉が緊張状態だからです。 緊張をほどくと体を動かしやすくなります。 できるできないの良し悪しのジャッジにこだわらず...
骨で立つ
身体の偏りをなくしてから体を動かすと 楽に動くということを体感しました。 どこか一点に意識を集中させるのではなく 体全体をみていく、 体全体で立つ、 体全体で動く。 骨盤ゆら...
肋骨の下部を背中につける
脱力、リラックスするためには 足裏と丹田で体を支えること 緩ませたい筋肉を使うこと です。 前屈 背骨と肋骨の間を波打たせて緩ませる 足裏、ふくらはぎ、ももうら、お尻の筋...

キレイになるデトックスストレッチのレッスンノート ・・・計198件

キレイになるデトックスストレッチ ページ先頭へ