サイタスポーツ教室ストレッチやり方教室東京 キレイになるデトックスストレッチ スクールブログ 花粉症対策スト...

花粉症対策ストレッチ

花粉症歴約20年の紅谷です。
春はデトックスの時期。
冬に貯め込んだものを一気に吐き出す時期です。笑
冬に少しずつでも貯め込んだものを吐き出せないでいると、
病気となって現れます。

汚い話で恐縮ですが、
胃腸炎で嘔吐したり、下痢をしたりすること、
風邪をひいて熱が出るのも
実はデトックスしきれなかった結果なんです。
この時期になる方は多いですね。

そして何を隠そう、花粉症もデトックスなんですって。
くしゃみ、鼻水や涙がでますもんね。

花粉症の対処法には即効性、持続性、
両方からのアプローチが必要です。

私はヨガコーチもやっているのですが、
ヨガをすると花粉症の症状が止むんです。(即効性)
また、年々症状が緩和されているのを感じます。(持続性)


即効性対処ストレッチについて。
ヨガとは呼吸と筋肉運動。
ストレッチも、呼吸をしながらやれば、
同じことです。

交感神経と副交感神経って、
耳にしたことはありますか?
この二つの神経を自律神経とよんでいます。
この二つのバランスがとれることで、
血管の血流がコントロールされます。

交感神経は、
運動をしているときに働き、
血管を収縮させる

逆に、副交感神経は、
体を休めているときに働き、
血管を拡張させる

という特徴があります。

つまり、花粉症の症状である「鼻づまり」は、
副交感神経が優位になっているという状態。

即効性のある対処法としては、
血管が拡張しておきることなので、
運動をして交感神経を優位にして、
血管を収縮させてあげるといいんですね!

運動とは。
そう、ストレッチだって立派な運動ですよね!
(↓過去のブログ参照)
https://cyta.jp/stretch/b/49737


そしてそして。
大事な持続性対処ストレッチについて。
花粉症の根本の原因は、
免疫力の低下と言われています。

免疫力を上げるには、
血流を良くして、
体温、代謝を上げること!それには、

1、必要な栄養をとり、
2、生活のリズムを整え、
3、運動をすることです。

…って簡単に言いますよね。笑
そんなことすぐにできれば苦労しません!笑

でも事実です。
一気にやろうととするから挫折します。
どれか一つで良いのでやってみましょう。
出来ることから、
興味があることからで良いんです。

今までと違うことをすると、
地味に、でも確実に連鎖反応が起き、
必ず変化します。

1と2は、とってもプライベートなこと。
自分次第なのでなかなか難しいですね。
3が一番手をつけやすいのではないでしょうか?
一緒に運動をする相手がいると、違いますよ。
私がいますって。笑

例えば。

運動をすること(3)によって、
気持ちが良くなって(満たされ)、
食べたいと思うものの量や質が変わる(1)

朝早く起きれるようになるから
夜早く寝るようになる(2)

健康!みたいな。笑
私がそうだったんです。


花粉症がつらい方、
運動が良いとわかっているけど、
運動っぽい運動をしたくない方。笑
ストレッチがお勧めです!

目や鼻の周りから
顔、頭、首、肩、鎖骨周り~全身にかけて
セルフマッサージで体をほぐしてから、
(それだけでも大分楽になると思います)
血流を促すべく、体をストレッチしていくことで、
症状はかるーーくなりますよ。

お家でできるストレッチから、
オフィスでさりげなく仕事の合間にできるものまで、
いろいろご提案できます。

続けていくことに大事なのは、
「気軽さ」だと思いますから!

辛い時には、自分で交感神経のスイッチをON!
できる術を身につけちゃいませんか?

ストレッチを続けていくことで、
免疫力をアップして、
花粉症に強い体づくりをしませんか?

体は一生懸命デトックスをしようとしています。
ストレッチで体のお手伝いをしてあげましょう!

 

(2015年3月3日(火) 22:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

運動音痴でも大丈夫!デトックス効果も狙える良いこと尽くめなストレッチ

新着記事

写真は実家の猫、本名エリザベス2世。 愛称エリちゃんです。 しなやかな筋肉と つま先から着地して歩くことから 体の動かし方の先生であります。 体が柔らかいということは 筋肉が柔らかいということ。 筋肉が柔らかいということは 血流がよく、暖かい、また 筋膜同士が癒着してない...

私は過去に肩こりも腰痛も両方あった 紅谷です。 先日、ヨガ解剖学の講座で 肩と股関節の連動について を受けたのですが、 背中から腰にかけての大きな筋肉である 広背筋と お尻の大きな筋肉である大臀筋は つながっている だから肩こりの人は腰痛に 腰痛の人は肩こりになりや...

体の動きを深めるには、 呼吸がとても大事です。 息を止めて前屈をするのと、 息を吸って、はきながら前屈するのでは 深まり方が全然ちがいます。 呼吸だって、しっかり筋肉を使います。 ですから体を動かし慣れていない方は、 深い呼吸をすることが難しいです。 そんな時は 呼吸...

先日チェアヨガの講習会に行ってきました。 チェアヨガとは、 もともと体を動かしづらいご高齢の方に向けた 椅子に座ったまま行う簡単なヨガですが、 お若い方でも体が硬かったり、 ヨガ初心者の方にもぴったりなもので、 簡単とはいえかなり奥深く、 ヨガの要素がぎっしりつまったものです。 ...

先日、骨盤だけで7時間(笑)という 解剖学の勉強会に行き、 興味深い話を聞いたので ご紹介したいと思います。 魚→両生類→四つん這い→人間 の進化の過程で、 手や足が出てきた代わりに 背骨が短くなりました。 魚と人間では、体全体に対する 背骨の長さの違いから 魚の安定感...

ブログ記事 ページ先頭へ