全国5万人が受講している「サイタ」

ソプラノサックスレッスン・教室

ソプラノサックスレッスン・教室を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室ソプラノサックス愛知 TAKソプラノサックススクール スクールブログ サックスのオー...

サックスのオーバーホール


こんにちは

今年もあと残すところ約1週間となりました。
今日は楽器のオーバーホールについて書きたいと思います。

車やバイクなどにもあるように、楽器にもオーバーホールがあります。
どんなことをするのかというと、出来る限り新品の状態に近づけるように分解調整してもらうのです。タンポやバネなどを新しいものに取り替えたり、時間がたって劣化したものなど全てを新しくします。
もちろんオーバーホールまで行かなくても、個々の部品を交換したり調整することもあります。
なぜこんな話をしたかといいますと、今週から僕のアルトサックスとテナーサックスをオーバーホールに出すからなのです。
今まで、楽器店から何度も「もういい加減にオーバーホールに出さないと吹きにくくなりますよ」といわれ続けてきました。
お恥ずかしい話、お金がなかったこととレッスンやその他の活動が続いていたため、長期間にわたって楽器が手元から無くなるのは非常に困るので、オーバーホールには出さずにその場の調整やタンポ交換のみで、ずっとだましだまし吹いてきていたのです。
しかし2ヶ月位から何度も楽器店に調整へ出さないと吹きにくくなってきたため、思い切って今回2本同時にオーバーホールへ出すことを決意したのです。
オーバーホールすることで、どんな風に仕上がってくるかとても楽しみです。

<体験レッスンを希望される方へ>
オーバーホールへ出す関係で、2013年12月26日より2014年1月中旬頃まで、テナーサックスのレンタルができません。(アルトサックスは知人より借りましたのでレンタル可能です。ソプラノは今回オーバーホールに出しませんので、もちろんレンタル可能です。)
もしテナーをレンタルでレッスンをご希望の方はこの期間のみアルトサックスまたはソプラノサックスで受講をお願いできたらと思います。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 

(2013年12月25日(水) 0:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

楽団設立経験あり!吹奏楽・四重奏・バンドのバック演奏など多方面で活躍

ブログ記事 ページ先頭へ