全国5万人が受講している「サイタ」

総合旅行業務取扱管理者講座(試験対策)

総合旅行業務取扱管理者講座(試験対策)を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

資格取得講座旅行業務取扱管理者試験講座総合旅行業務取扱管理者神奈川 奥ちゃんの総合旅行業務取扱管理者試験講座 スクールブログ 旅行業のまめ知...

旅行業のまめ知識~その②~

旅行業といえば、皆さんはやはり、ツアーコンダクター(添乗員)のイメージが強いでしょうか?

旅行業の花形と言われているのですが、お客様と国内・海外を旅行できるのは、やはり憧れですよね。

そんなツアコンの話をしたいと思います。

実はツアーコンダクターになるにも資格が必要なんです。「旅程管理主任者」という資格がないとできません。こちらは研修と実務を受講すれば、取得ができます。(ツアコンになるにも大変なんですよ!)
私も学生時代にツアコンの資格を取得して、アルバイトでツアコンをしてました。
(そんなツアコンであって苦労話は、後日、話しますね。)

そんなツアコンのお仕事ですが、お客様の安全を守り、旅程を忠実に管理することが仕事です。常に先々を読んでいかないといけないので、全力で走り続けないといけません。体力勝負のところもあります。

併せて、旅程を淡々とこなすだけではなく、お客様にプラスアルファのイメージを持ってもらうのも大事です。旅程の中で、特別にアレンジする事で、お客様に、楽しい旅行をして戴くことを忘れてはいけません。(お土産を付けたり、絶景ポイントを多く見せたり、宴会時に1発芸を見せたり、いろいろとありますよ。)

ツアコンのプロになると、ご指名が入ったり、ツアコンの名前が入ったツアー名になったりもしてます。(○○さんが同行、お買い物ツアーとか)

そういえば、ちょっと前に「あぽやん」というドラマでも、やはりツアコンが花形として取り扱われていたのを思い出しました。

やはり、旅行業といえば、ツアコンなんですね。

では、また次回。












 

(2014年12月6日(土) 11:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

旅行業に携わって20年以上。業界のおもしろ話も特典でついてきます!

奥ちゃんの総合旅行業務取扱管理者試験講座
奥沢純一 (総合旅行業務取扱管理者)

横浜・武蔵小杉・武蔵中原・武蔵新城・溝の口・久地・登戸・中野島・新川崎・保土ケ谷・向...

ブログ記事 ページ先頭へ