サイタ語学の習い事スペイン語教室埼玉 高治のスペイン語教室 スクールブログ 勉強の気づきを...

勉強の気づきを記録して自分専用の教科書を作りましょう

今日は私のスペイン語学習方法の一つを書きます。

スペイン語を読んだり聞いたりした時に気が付いたことを、スマホ・パソコン兼用のメモ帳に記録しています。初めて知った単語や表現、今までと異なる用法などを簡単に記録し、もし疑問点があればそれも書き留めます。例えば以下のようにです。

*********************************
20181129 ○ auténtica tragedia
auténtica 本物の、真正の、これは便利な単語だ!
tragediaはgeにアクセント、時々間違って発音してた。

20181129 ○ atrrevidos 大胆な人、ならず者
妻も良く使っていた。

20181129 ● funciónを公演の意味で使うのは普通の表現。機能という意味を洒落で使っているのかと思っていた!

20181128 dormir は再起動詞でない時がある
自動詞の時 dormir bien よく眠る dormir seis horas一般的なこととして眠るを使う時
他動詞の時 dormir al niño 子供を寝かしつける
再帰動詞の時 el niño se está dormiendo 子供がソファーで寝てしまっている、眠り込む、うとうとする、

【仮説】特別なニュアンスで「寝入ってしまう」時に再帰動詞のdormirseを使うのだろうか。普通に眠るという意味の時は自動詞らしい。

*********************************

日付、初めて覚えた単語・表現は○、今までも知っていたがそれと異なる用法には●、気づきの内容と、暫定でこのように整理しようという文を【仮説】として記載しています。

仮説に書いていることが本当に正しいかどうか記録する時にはわかりませんが、それでいいと思っています。当面の方針として使用していて、後になってこの仮説では解決できない問題にぶつかることが多くあります。その時には仮説を見直すようにしています。

検索機能で前の仮説や●印を検索してみると、同じような勘違いや間違いを何回もしていることに気が付きます。一方でずっと使い続けていて支障ない仮説を立てられていたこともあり、この時は励まされます。その意味で、この記録は自分の長所も短所も記録されている私専用の最強の教科書となっています。

この方法は、どんな分野の勉強にも使えると思っています。結果をさらに活用できるようにしたいというのが、今取り組んでいることです。

私の受講生の方とは、こうした勉強法をより良くするために協議しています。よろしければ一緒に勉強法を考えませんか?

勉強の気づきを記録して自分専用の教科書を作りましょう

(2018年12月6日(木) 7:28)

前の記事

新着記事

今日は私のスペイン語学習方法の一つを書きます。 スペイン語を読んだり聞いたりした時に気が付いたことを、スマホ・パソコン兼用のメモ帳に記録しています。初めて知った単語や表現、今までと異なる用法などを簡単に記録し、もし疑問点があればそれも書き留めます。例えば以下のようにです。 ****...

 初めてスペイン語を習い始めた時、スペイン語の発音には規則性があること、それと違う発音をする時にはアクセント記号を使うなどの例外用の規則があることがとても新鮮でした。 良く知られているのが、最後から2音節めにアクセントを持つことです。 明日という意味の「mañana」、発音は「マニ...

私の妻はホンジュラス人です。向こうでは看護師をしていました。 日本に来て間もない頃、どうしても食べられないものがありました。納豆もそうですが、もう一つ、あんこがダメでした。 中米ではフリフォーレス(frijores)という、ほぼ毎日食べる副食材があります。色も形も小豆と良く似た豆を...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、スペイン語レッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ