サイタ語学の習い事スペイン語教室大阪 エクトル・スペイン語教室 スクールブログ スペイン語のア...

スペイン語のアクセント、分からないと大変なこと

No tengo qué comer.→食べるものがない。
No tengo que comer.→(私は)食べてはいけません。

たったの「´」で意味がかなり変わりますね。スペイン語ネーティブスピーカーの中でもきちんとアクセント使える人は多くではありません。ですが、アクセント、具体的tilde(母音の上にあるチョン)はとても大事です。
このtildeをきちんと使い分けるにはルールがあります。しかし、スペイン語で書く時にいちいちこのルールを考える人いません。やはり「慣れ」ですね。
最初はtildeの失敗が多いかもしれないが、経験を積んだら、普通に無意識できちんと書けるようになります。
¡Animo!

 

(2017年3月10日(金) 20:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

パラグアイ出身。アウトドア好きの先生が、ゼロ~語学交流のお手伝いまで

エクトル・スペイン語教室
メンドーサエクトル (スペイン語)

梅田/大阪・天王寺・京橋・難波・天満橋・谷町四丁目・谷町六丁目・平野

ブログ記事 ページ先頭へ