全国5万人が受講している「サイタ」

スペイン語教室・スペイン語講座

スペイン語教室・スペイン語講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

語学の習い事スペイン語教室大阪 エクトル・スペイン語教室 スクールブログ マンツーマンで...

マンツーマンで勉強するときのいいところ。(Part 1)

人によって、合うレッスンの形はいろいろありますが、マンツーマンでスペイン語を勉強するとたくさんの所長があります。

☆ 100%の時間は利用できます。
グループレッスンと較べて、レッスンの時間はすべて自分の時間です。私自身も外国語を勉強していたとき、3人~7人のクラスに参加していましたが、「この部分もっと練習したい」、「これはいまい分からないことがあるけど…」などと思っても、なかなか先生に聞くチャンスはない。他の生徒も同じ悩みで、聞きたいこともいっぱいあるかもしてないし、みんなそれぞれ自分のペースがあってクラスの進み具合は個人のスピードに合わせないのです。
一方教師からみると、一人に教えているわけじゃないので、質問や説明の時間も均等にわけないといけません。
マンツーマンだったら理解していないところを何回も聞けますし、もっと練習したい部分をリクエストをしていっぱい練習できます。

☆ 自分の時間に合わせます。
忙しい方にとって、毎週決まった曜日や時間でレッスンを受けるのは非常に難しいです。グールプレッスンでしたら、みんな同じ曜日、同じ時間に会場に集まってレッスンを受けなければなりません。例え、一人が仕事で忙しくて、いつも遅刻したら、レッスンを休んだりとしたら、その人だけ損になって、どんどんついて行けなくなります。
☆ 先生は自分成長がよく分かる
グループレッスンと違って先生が生徒の上達よくわかります。グループでは先生からの質問や練習機会をあったて、きちんと応えても、前答えた生徒の真似をしているだけか、自分がその能力を持って応えたかよく見えないため、マンツーマンのレッスンで生徒さんが成長しているのが本当に見えます。

このテーマ次回のブログで続けます。

マンツーマンで勉強するときのいいところ。(Part 1)

(2015年4月1日(水) 9:46)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

パラグアイ出身。アウトドア好きの先生が、ゼロ~語学交流のお手伝いまで

ブログ記事 ページ先頭へ